記事履歴

 
 
民泊に対する規制の動き
  • 発行日 2017-11-24
  • 発行部数 334 部
皆さん

 こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。


 ここ最近、マンションへの「民泊禁止」への動きが一層大きくなっています。

 「私の住むマンションで、民泊禁止の文言を入れて「マンション規約」を改定する動きがあります。ホームステイの受け入れにも影響がありそうですが、どうしたらいいのでしょうか?」
 
 そんな声を頂きました。とある横浜のマンションです。

 これは非常に残念なことです。


 さらに・・・
 

【1】来年6月施行「住宅宿泊事業法(民泊新法)」に向けた各自治体の動き

 マンションなど住宅の空き室を宿泊場所として貸す「民泊」について、2018年6月に施行される「住宅宿泊事業法(民泊新法)」に向けて、各自治体が独自に条例を定める動きが活発化しています。


 民泊新法は、今までホテルなどが営業できなかった住宅街でも民泊営業を可能とするもの。都道府県や政令指定都市などに届け出た家主は、年180日以内の民泊営業を実施できる。営業日数は、各自治体が条例で短縮できる。


 新宿区では、週末のみ民泊を行って良いとして、営業日数は年間150日に制限する見通しとのニュースが報道されています。


〜記事抜粋〜

「営業に制限 東京・新宿区が条例案」

 条例案は住居専用地域について、月曜正午から金曜正午までは営業を認めない。民泊新法は年間営業日数の上限を180日としているが、対象となる地域では150日程度になる見込み。

(毎日新聞2017年11月21日 東京朝刊)

〜ここまで〜


 多くの自治体体が、基本的には「民泊新法」を制限する条例制定の方向で動いており、これは日本の「ことなかれ主義」の文化が、悪い方向で表れてしまっている気がします。


 役所としては、「ただでさえ色々と住民への対応が大変なのに、これ以上余計なクレームやトラブルを増やさないでほしい」といったところが本音ではないでしょうか。


 しかし、果たしてこの条例による営業制限は意味があるのでしょうか・・・。


 当協会では、「ホームステイ型民泊への正しい理解」や「民泊とホームステイの違い」について、今後も一層声を発信していきたいと感じている次第です。


 もし、あなたの家の周りでも、マンションによる規制や条例による縛りなどの動きがあるようでしたら、ぜひ当協会まで声をお寄せください。 → http://jhfta.or.jp/contact


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第2期ホストファミリー養成スクール受講生募集中。

▼詳細はコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/6135

※途中参加可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




【2】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載25回目】

◆あらすじ

 独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れ準備をしている。


 筆者は賃貸マンションに住んでおり、大家さんがAirBnbに反対ということもあり、語学学校からホームステイを受け入れる。語学学校にホストファミリーの申込書を提出し、語学学校の担当者が受け入れ可能かどうかを審査するための家庭訪問を行い、Aino(アイノ)というフィンランドの中学生でグルテンフリーの子が来ることに決まり、受け入れ準備も済ませ、ついにAinoのホームステイがスタート。

 なかなか考えさせられる出来事がポツポツ出現していて…


◆ホームシック

 「ホームシック」という言葉があります。家が恋しい、という気持ちが強すぎて、鬱のような症状が出ることです。ホームシックになると、外出するのが困難になります。それどころか、食事すら食べられなくなります。


 幸いにもAinoは全くホームシックがありません。それどころか、Ainoは「フィンランドの家よりもこの家の方が好き」とまで言っています。

 Ainoに写真を見せてもらったのですが、Ainoの家は平屋建てで、裏庭だけでもゆうに15台ぐらいの車を止められるぐらいの広さがあります。それに対して我が家は、元々は某企業の社宅だった建物なだけに、日本全国によくありがちな「キッチン+2部屋」という集合住宅です。

 設備のようなハードウエアではなく、何か別のソフトウエアが、Ainoにそう思わせているのでしょうね。語学学校の友達とAinoは色々な場所に出かけます。休む暇がないほど出歩きます。

 「やることが沢山あって、ホームシックになっている暇がない」とAinoは言います。

 名言だと思います。


◆Ainoが来たらやりたかったこと

 Ainoが来たら絶対にやりたいと思っていたことがありました。

 それは・・・

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/5965



【3】ホストファミリーQ&Aコーナー

 ここでは、読者様から頂いた過去の質問にお答えしておりますが、すべての質問のご紹介がいったん終了しましたので、あらためて質問を募集したいと思います。

 
 「ホストファミリーを始めたい!」と興味がをもっていらっしゃる方からの、どんな質問にも回答していきたいと思います。


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact



■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「info@jhfta.org」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.org/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:info@jhfta.org

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする