記事履歴

 
 
いよいよ民泊新法(住宅宿泊事業法)スタート、ホストファミリーへの影響は?
  • 発行日 2018-06-15
  • 発行部数 372 部
皆さん

こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。


今日は15日。

今日はとても重要な日なのですが、何の日だか分かりますでしょうか?


1つ目は、 私たちホストファミリーにとって重要な法律「民泊新法(住宅宿泊事業法)」が施行される日です。


2つ目は、楽しみにしていた4年に一度のサッカーの祭典。私の大好きなサッカーのワールドカップが開幕する日です。

深夜12時の開幕戦は、同じアジアのサウジアラビアを応援しながらワクワクして見ていましたが、開催地ロシアの歓声の大きさには驚きました。

ホームステイにやってきた外国人の多くが、サッカーにあまり興味が無くて残念です(笑)


そして、もう1つは・・・


=== お知らせ ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

============


3つ目は、そうです! 以前からメルマガを購読をしてくださっている方はご存知のように、近くのお寺の坐禅会の日です。


ワールドカップ応援で寝不足の体を叩き起こして今朝も5時半に起きて、今ホームステイしているアメリカ人を連れて、坐禅会に参加してきました。


坐禅は、「マインドフルネス」と形を変えて、アメリカのセレブや経営者の間で広まっていますが、今日本でもとても注目されています。

アップル創業者のスティーブ・ジョブズや、Googleなど世界の大手企業も取り入れているのは有名な話しです。


坐禅中は「何も考えないことをする」のですが、これがまた難しいのです。

「絶念が出てきては手放す、雑念が出てきては手放す」を繰り返すことで、やがて過去や未来にとらわれず、今に生きる自分を取り戻して、頭が非常にスッキリします。


昨夜はほとんど寝ていませんが、今でも頭は冴えて、体からエネルギーが満ち溢れています。


坐禅は、私たち大人はもちろん、子供の教育にも良いということで、我が家では、3分だけ、夜寝る前に子供と一緒に実践することにしました。

ぜひお試しあれ!


※オススメ著書 「世界のエリートがやっている 最高の休息法(ダイヤモンド社)」



【1】いよいよ民泊新法(住宅宿泊事業法)スタート、ホストファミリーへの影響は?

2018年6月15日の今日、いよいよ民泊新法(住宅宿泊事業法)がスタートしました。

いわゆる「民泊」と「ホームステイ」は違います。

しかし、民泊新法(住宅宿泊事業法)に施行によって、少なからず影響を受けることとなります。

どのような影響があるのでしょうか?

▼詳しくはこちら → http://jhfta.or.jp/archives/7113



【2】募集中のホームステイプログラム

ホストファミリーが不足しております。

特にこれから夏に向けて、外国人留学生が殺到します。

もしホストファミリーをやってみたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にご登録ください → https://business.form-mailer.jp/fms/6002f25569398

プログラムの紹介を不定期でメールにてご案内していきます。


1.短期〜長期

「渋谷にある日本語学校へ通う留学生を受けれるプログラム(C002)」

・期間:2週間より

・渋谷より約1時間圏内にお住まいの方 ※1時間以上かかる場合はご相談ください。

・家族構成は問いません。

・ヨーロッパ、北米、南米、アジアなどから、10代・20代を中心とした留学生
 
・謝礼
1.一室に1人受け入れで、7泊17,000円
2.一室に2人受け入れで、7泊26,000円(1人13,000円)

▼詳細はこちら → https://business.form-mailer.jp/fms/6002f25569398




【3】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載54回目】

◆あらすじ

独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れる。

筆者は、大家さんがAirBnbに反対しているマンション暮らしということもあり、語学学校からAino(アイノ)というフィンランドの中学生でグルテンフリーの子を3週間受け入れる。

色々と楽しい経験をしたAinoに引き続き、スイス人のNathanael(ナサナエル)とオランダ人のNeils(ニルス)という2人の男性を同時に受け入れる。2週間の滞在だったNathanaelは最初からトラブルもあり、1ヶ月の滞在だったNeislも滞在が終わり、日本全国を巡る旅行に出た。

その後、今度はMiisa(ミイサ)というフィンランド人女性を受け入れしている…


フィンランド人女性のMiisa(ミイサ)の授業が始まる前に、私とMiisaは京都に旅行することにしたのですが・・・

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/6816



【4】ホストファミリーQ&Aコーナー

 ここでは、読者様から頂いた過去の質問にお答えしておりますが、すべての質問のご紹介がいったん終了しましたので、あらためて質問を募集したいと思います。


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact


■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「j-host@jhfta.or.jp」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:j-host@jhfta.or.jp

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする