記事履歴

 
 
日本に学びにくる外国人留学生の悲しい現実
  • 発行日 2019-02-15
  • 発行部数 418 部
○──────────────────○
 (社)日本ホストファミリー養成協会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【お陰様で協会設立3周年!】
 外国人を自宅で受け入れして、
 素敵な国際交流を目指すために、
 有益な情報を発信するメルマガです。
○──────────────────○

こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。

昨日はバレンタインデー。

女性には「男ってバカだな」って思われるかもしれませんが、何歳になっても女性からチョコをもらえるのは嬉しいものです。

別に義理でも何でもいいのです。

とにかく女性からもらえることが嬉しいのです笑
 
 
ご存知の方も多いと思いますが、女性が男性にバレンタインデーに”チョコレート”を贈るのは日本ならではです。

神戸の洋菓子店「モロゾフ」が、そのきっかけをつくりました。

モロゾフ創業者が米国の友人を通じて、2月14日に贈り物をする欧米の習慣を知ったことが、今日の日本式バレンタイン発祥の由来と言われています。

今ではすっかりおなじみとなり、「会社ではチョコの配布禁止」となるほど問題になっているのは日本らしいなと思います笑
 
 
ということで、我が家にホームステイしているイタリア人のキアラは、チョコではなくクッキーを焼いてくれました。

昔子供ができる前は、娘からもらえるバレンタインに憧れたこともありました。

しかし、我が家は血気盛んな男の子二人。望むべくもありません。

しかし、ホストファミリーをしたことで、娘からバレインタインに贈り物をもらう夢を叶えることができました。

ホストファミリーやってて良かったぁと思う瞬間だったりするのです笑



=== お知らせ1  ===


ホストファミリーを安全に始めたいという方のために、少人数で相談できるお茶会を開催してきましたが、


「都内だといけない・・・」

「なかなか時間を調整できない・・・」

「子供がいるので・・・」


といった声もあって、お茶会への参加を躊躇していた方もいらっしゃったようです。


そこで、今回初めての試みをしてみたいと思います!

インターネット環境さえあれば、どこからでもスマホから参加できるお茶会を開催してみようと思います。


Zoom(スカイプみたいなもの)を使って、ご自宅からでも外出先からでも参加できるお茶会です。

難しい操作もいっさい必要なく、案内するURLをクリックすれば参加できます。


初めての試みということもあり、「上手く接続できない」「音が聞こえづらい」といったこともあるかもしれません。

そのため今回は無料で参加できるようにします。


もしお茶会に興味がある方いましたら、こちらからお申込みください → https://ssl.form-mailer.jp/fms/23722270577214



=== お知らせ2  ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。



【1】日本に学びにくる外国人留学生の悲しい現実

突然ですが、クイズです。

わかる方はすごいです!

「毎年日本を訪れる外国人留学生は何人いるでしょうか?」

今、日本を訪れる外国人が急激に増えているのはご存知かと思います。2018年は、一年間で3000万人を突破し、31,191,929人の外国人が日本を訪れています。(日本政府観光局 (JNTO) 発表統計より)

東京、大阪、京都、、、メジャーな観光スポットには数多くの外国人を目にしますし、「えっ?こんなところにも!?」という場所にも外国人を見かけるようになりました。

20年前には、たったの450万人しかいなかったことを考えると、外国人の増え方に驚きます。そうでした、そうでした。外国人を町中で見かけるだけでついついジロジロ見てしまいたのを思い出します。

外国人旅行者3,000万人。ということは、外国人留学生は・・・?

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/8003



【2】「知らない女性から突然電話が!?(汗)」子育てママのホストマザー体験記【連載第3回】

◆新連載スタート!

みなさん、初めまして。ホストマザーの くろこ けいこ です。

わたしは、東京都府中市でホストファミリーをしています。今日から、わが家のホストファミリー体験をブログにすることになりました。どうぞどうぞよろしくお願いします。

ホストファミリーに興味がある人はもちろん、ホストファミリーっていったいなあに?という人も、ぜひブログを読んでホストファミリーの楽しさを感じてもらえたらうれしいです。


初めてわが家にホームステイに来たお客さま、シーモ!私たちも「初めて」だらけですが、シーモにとっても何もかもが「初めて」です。日本語学校へ出かけた初日、シーモは無事に一人で家に帰れるのでしょうか?


◆イタリアからやってきた高校生

シーモが「初めて」学校へ行ったその日、娘の幼稚園は夏休みでした。私と娘は家にいて、シーモがいつ帰ってくるかとソワソワしながら待っていました。というのは、シーモが何時に帰ってくるのか事前にはわからなかったのです。

その日本語学校では、初日にクラス分けテストがあって、その結果に応じて一人一人の時間割が決まるシステムです。そのため、初日に何時まで授業があるのかは行ってみるまでわかりません。

夕方、私のスマホが鳴りました。「シーモからかな?」と思って出てみると、なんと全然知らない日本人からだったのです・・・

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/7897



【3】ホストファミリーQ&Aコーナー

「あなたからの質問にお答えします!」


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact



■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「j-host@jhfta.or.jp」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


○──────────────────○  

 当協会の活動については、
 こちらからご覧になれます。
 http://jhfta.or.jp/kyokaigaiyo

○──────────────────○

 テレビ朝日グッドモーニングで、
 半日密着取材を受けました。
 https://vimeo.com/159606953

○──────────────────○


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:j-host@jhfta.or.jp

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする