記事履歴

 
 
テレビ東京の人気番組「Youは何しに日本へ?」で放送
  • 発行日 2018-08-10
  • 発行部数 380 部
○──────────────────○
 (社)日本ホストファミリー養成協会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 外国人を自宅で受け入れして、
 素敵な国際交流を目指すために、
 有益な情報を発信するメルマガです。
○──────────────────○

こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。


昨日は、民泊をされている鎌倉のお家に行ってきました。

7月のお茶会に参加されて初めてお会いした方なのですが、鎌倉の家で家主同居型の民泊をされています。

定年でサラリーマンをリタイヤしてから、時間的にも余裕があり、手軽な国際交流をしたいということで民泊に興味を持ち、すでに民泊新法(住宅宿泊事業法)の届け出も済まされています。

江ノ電の有名な駅から徒歩5分ほどで到着する家は、海や江ノ島の見える最高の場所にあります。

実際に家を拝見させて頂くと、おしゃれなリビングやご自慢の和室に驚きました。大きなお家で、部屋も4部屋以上あり、5人まで宿泊できます。


今は外部の人がほとんど来ず、ましてや外国人など滅多に訪れない場所のため、近隣への配慮して、今はひっそりと営んでいらっしゃいます。

ただそれではせっかくのお家が「もったいない」ということで、当協会でサポートさせて頂くことになるかもしれません。

まだ詳細は決まっていませんが、このように、定年退職されたシニア世代の方々が、儲けというよりは国際交流を目的として、民泊を始めることが増えていくのではないでしょうか!?


=== お知らせ1  ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。


=== お知らせ2  ===

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、不安な方がいらっしゃいましたら、お茶会にいらしてください。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

すでに現在1名の方からお申込み頂いています。

もし興味のある方がいましたら、8月の開催はこちらです → https://ssl.form-mailer.jp/fms/23722270577214

===  === === ==


【1】テレビ東京の人気番組「Youは何しに日本へ?」で放送

スウェーデン発祥「フロアボール(Floorball)」というスポーツを、ご存知でしょうか?

私のホームステイ受け入れ始めるきっかけの原点とも言えるスポーツです。


そして、先日私も参加してきた「フロアボールイベント in 静岡」に、フィンランドのスーパースター「Tero Tiitu選手(テロ選手)」が参加しており、TV局の密着取材されていました。

テレビ東京の人気番組「Youは何しに日本へ?」です。

※2018年8月13日18時55分〜テレビ東京で放送される予定です。


▼続きはこちら → http://jhfta.or.jp/archives/7411



【2】ホストファミリー募集中!

募集しておりました「イタリア人留学生の受け入れ」は、おかげさまで、ホストファミリーが決まりました!

お問い合わせ頂いた方も含めて、メッセージを頂いた方はほんとうにありがとうございました。

当協会では、随時ホストファミリーを募集しておりますので、メルマガ等でご案内していきます。

11月にはメキシコからの受け入れや、来年は韓国からの受け入れを予定しております。

また、日本語学校や大学からの募集があれば随時ご紹介していきます。

ご興味のある方は、以下にご登録ください。

▼ホストファミリー募集メルマガ → http://japanlifedesign.com/ms_mail_1/form_if.cgi?type=3&id=003JHost



【3】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載62回目】

◆あらすじ

 独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れる。

 筆者は、大家さんがAirBnbに反対しているマンション暮らしということもあり、語学学校からAino(アイノ)というフィンランドの中学生でグルテンフリーの子を3週間受け入れたのに引き続き、スイス人のNathanael(ナサナエル)とオランダ人のNeils(ニルス)という2人の男性を同時に受け入れ、さらに今度は脚の悪いMiisa(ミイサ)というフィンランド人女性を受け入れ、ほぼ同時にブラジルからBruna(ブルーナ)という女性も受け入れる。

◆秋祭り

我が家から30分ほど歩いたところに、大きな神社があります。

この神社は鎌倉時代に建てられ、源氏とも関係があり、さらに4年に1度、「流鏑馬(やぶさめ)」が行われる神社です。

ちょうどこの金・土・日曜日の3日間に渡って、毎年恒例の秋祭りがこの神社で行われます。

神社のお祭りは、きっとMiisaにとってもBrunaにとっても日本文化を知る良い機会になると思います。

私は迷わず彼女たちを誘いました。「サンバはないけれど日本のお祭りを見に行かない?」と。2人とも「予定が合えば行きたい」とのこと。

おそらく土日は友達と出掛けるだろうと見越して、金曜日の授業が終わった足で、徒歩ではなくバスに乗って行くことにしましたのですが・・・

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/6921



【4】ホストファミリーQ&Aコーナー

 ここでは、読者様から頂いた過去の質問にお答えしておりますが、すべての質問のご紹介がいったん終了しましたので、あらためて質問を募集したいと思います。


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact


■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「j-host@jhfta.or.jp」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


○──────────────────○  

 当協会の活動については、
 こちらからご覧になれます。
 http://jhfta.or.jp/kyokaigaiyo

○──────────────────○

 テレビ朝日グッドモーニングで、
 半日密着取材を受けました。
 https://vimeo.com/159606953

○──────────────────○


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:j-host@jhfta.or.jp

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする