記事履歴

 
 
【読者からの質問】受け入れる際の料金設定はどうすればいいでしょうか?
  • 発行日 2017-07-25
  • 発行部数 317 部
皆さん

「世界への架け橋をあなたの家庭から!」

日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納です。


 Facebookでシェアした所、思わない所からさまざまな反響があり、頂いたコメントにはよく分からない専門用語が並んでいました(汗)。

 https://www.facebook.com/nanakoro3


【魔法科高校の劣等生???】

 2日前までホームステイしていたイギリス人、昨日からホームステイするイギリス人。
 
 ともに日本のアニメが大好き。
  
 「一番好きな漫画はなーに」?と聞いてみたら、2人とも「魔法科高校の劣等生」と答えた。
 
 
 これは日本でも人気の高い漫画なのでしょうか・・・?
 
 流行りに疎い私は、最初何を言っているのかすら分からず、何度も聞き返してしまいました・・・(汗)



 さて、先週もとても良いご質問を頂きました。

 ご質問ありがとうございます。

 さっそくお答えしていきます。

==== ご質問 ====

【受け入れる際の料金設定はどうすればいいでしょうか?】

来年から新民泊法が施行されるので、はじめようと思ってます。
田舎なんで、競合もいないかわり、お客さんも少ないと思うのですが、料金の設定がわかりません。
食事を出した場合と、そうでない場合など、どう設定すればよいのでしょうか。


国際交流が目的なにで、儲けようとは思ってませんが、赤字にならないくらいの料金設定をしたいと思ってます。
田舎なもんで、競合もいないかわり、訪問してくれる方もそうはいないと思うのですが、どれくらいなら、赤字にならなくてすみそうですか。



【回答】

 いつもメルマガをお読み頂き、ご質問ありがとうございます。

 滞在費についてのご質問ですね。

 おっしゃる通り、ボランティアや自己犠牲して受け入れてしまうと、よっぽど裕福なご家庭でない限り、続かなくなってしまいますので、「苦しくない料金設定」をされると良いと思います。

 受け入れをされる場合、以下のような料金が受け入れ側の負担となります。

・電気代、ガス代 ※夏はエアコンを使いますので、電気料金は上がります。

・水道代 ※外国人は基本シャワーで、一日に数回入ることもあります。

・食事代 ※外国人ゲストにもよりますが、

・電話代、通信費 ※ゲストはご両親に電話をすることも多く、インターネットは必須です。

・布団代 ※布団はほぼ汚れます。高い布団ではなく、使い捨ての感覚で安い布団が良いでしょう。


 他にも、外出したりすると余計にお金はかかりますし、面倒を見るための手間や負担を考えて、料金設定されると良いでしょう。


 大学や日本語学校などの目安として、1泊2食で2000円〜3000円、月6万円〜9万円の謝礼が出るところが多いです。

 料金設定の参考にされると良いと思います。
 

 なお、どこにお住まないなのかは、ご質問に書いていらっしゃなかったので分かりませんでしたが、どの地域においても、少なからずホームステイのニーズはあります。

 以前、1ヶ月滞在していたアメリカ人の女の子は、我が家に来る前は、新潟県出雲崎町というところに1年間ホームステイしていたそうです。

 繰り返しになりますが、決して「自己犠牲」にならないような料金設定にして、受け入れ側も受け入れてもらった側も、双方がハッピーになる料金設定にされると良いでしょう。

 以上、参考になれば幸いです。

==== ここまで ====

 今回の回答はいかがだったでしょうか?

 少しでも参考にしていただけたら幸いです。



■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「info@jhfta.org」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.org/ 
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:info@jhfta.org

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする 
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む 
(3)世界中に日本のファンをつくる 
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする