記事履歴

 
 
最近、思いっきり笑ったのはいつですか?
  • 発行日 2018-06-01
  • 発行部数 360 部
皆さん

こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。


最近、思いっきり笑ったのはいつですか?
 
  
心理学の用語で「ジェロントフォビア(gerontophobia)」という言葉があります。

日本語では「老年恐怖症」と言います。


この老年恐怖症になると、老人に嫌悪感を覚えたり、自分が老いるのを極端に恐れたりするそうです。

最近では、老けるのが怖くて、必死に若作りする人が増えているのだとか。
  

=== お知らせ ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

============

 
一方で、老化を防ぐ最も簡単な方法は、「笑うこと」だそう。

でも毎日同じような単調な生活をしていると、これがなかなか難しい。

日常の中で、大笑いする日があまりない。

年をとるに連れて、思いっきり腹の底から大笑いする日が減っていく。

最近、思いっきり笑ったのはいつですか・・・


ホストファミリーを始めると、非日常の毎日。

私たちの食卓が、まるで海外にいるようになるのですから。


たしかに大変なこともあるかもしれません。

しかし、言葉の壁を超えて心が通じた時、一緒に大笑いできる仲になれる。

日常の中に、笑う日が増えていく。
  
苦笑いする日も、心の底から大笑いする日も。



【1】ホストファミリーを始めるのは簡単?難しい?

ホストファミリーを始めるのは簡単です。

あなたの家の近くでホストファミリー募集をしている日本学校や大学や団体に、ホストファミリー登録をすれば、ホームステイを希望している外国人を紹介されます。

Airbnbなどのマッチングサイトを利用するのは、6月15日以降は届出が必要になりますが、しっかりと手順さえ踏めば、簡単に始めることができます。


一方で、ホストファミリーを始めるのは難しいです。

どんな人がくるか分からないから不安という方もいるでしょう。

学校や国際交流団体からの受け入れは、毎日の食事提供が必須であったり、未成年の子を預かることもあります。責任も重くなります。

また、食事制限のある子がきたり、お互い人間ですからどうしても合う合わないが出てしまうこともあります。


では、ホストファミリーを始めるのは簡単なのでしょうか?難しいのでしょうか?

こう考えると、ある人にとっては簡単で、ある人にとっては難しいというのが結論になります。

毎日の食事提供が難しいと考える人にとっては難しいでしょうし、「一人分増えるぐらいだったらどうってことない」と考える人にとっては簡単です。


しかし、こういう考え方もあります。

毎日の食事提供が難しいと考える人は、食事提供が必須でない受け入れ方をすれば、ハードルは大きく下がるかもしれません。

未成年の受け入れは責任が重くて難しければ、成年者だけを受けれすれば、その問題はクリアされるかもしれません。

家が狭くて難しいと考える人は、エアーベットを3000円で買ってきて、「そこで寝てもいい」という人を受け入れすれば、問題を解決できるかもしれません。


ですから、ホストファミリーに興味はあるのだけれど、「躊躇してしまう」という人は、まず始めるに当たって、あなたが難しいということをピックアップすることをおすすめしています。

そして、あなたが難しいと考えていることがクリアになる受け入れ手段と方法を選べばいいだけなのです。

あとは、最初から苦しくなることがわかるような受け入れをしないころです。

準備から受け入れまで、正しい手順を踏みさえすれば、ホストファミリーはそんなに難しいことではありません。



【2】募集中のホームステイプログラム

1.短期〜長期

「渋谷にある日本語学校へ通う留学生を受けれるプログラム(C002)」

・期間:2週間より

・渋谷より約1時間圏内にお住まいの方 ※1時間以上かかる場合はご相談ください。

・家族構成は問いません。

・ヨーロッパ、北米、南米、アジアなどから、10代・20代を中心とした留学生
 
・謝礼
1.一室に1人受け入れで、7泊17,000円
2.一室に2人受け入れで、7泊26,000円(1人13,000円)

▼詳細はこちら → https://business.form-mailer.jp/fms/6002f25569398



2.長期

「台湾の高校生ホームステイプログラム」

・日本の高校に1年間留学する台湾の高校生を受け入れするプログラムです。

・期間:1年 or 半年 ※期間については要相談

・募集ホストファミリー数:10組

・ホストファミリーの条件

ー 単身者OK

ー 全国 ※今のところ決定している募集エリア

●東京:王子、渋谷、笹塚、武蔵境、立川、八王子

●埼玉 :坂戸

●神奈川;相模原市、横須賀市、横浜市

●京都 :長岡京市

▼詳細はこちら → https://business.form-mailer.jp/fms/6002f25569398



【3】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載52回目】

◆あらすじ

 独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れる。

 筆者は、大家さんがAirBnbに反対しているマンション暮らしということもあり、語学学校からAino(アイノ)というフィンランドの中学生でグルテンフリーの子を3週間受け入れる。

 色々と楽しい経験をしたAinoに引き続き、スイス人のNathanael(ナサナエル)とオランダ人のNeils(ニルス)という2人の男性を同時に受け入れる。2週間の滞在だったNathanaelは最初からトラブルもあり、1ヶ月の滞在だったNeislは日本全国を旅行すると言い出し…


◆そして誰もいなくなった

 1ヶ月ホームステイしていたNeilsが日本全国の旅に出てしまい、ついに我が家には私一人となりました。

「ふぅ、やれやれ」という気持ちが最初に来ました。

 それから掃除です。特に今回は、Neilsが出て行った次の日から出張に行く予定のため、なるべく今日中にできることはしておく必要がありました。

 掃除をしているとき、Nathanaelの忘れ物を見つけました。「やっぱりNathanaelは…」という気持ちと、「元気にしているかな」という気持ちと。

 食事をする時、改めて「誰もいない」ことを実感しました。


◆寂しい

 私事ですが…大阪と京都で出張が入っており、大阪と京都の間に1日だけOFFの日があったので、滋賀県にある雄琴温泉に宿泊しました。1週間ほど自宅を留守にしていて、戻って来てから、ジワジワと「誰もいない」ことが強く感じられました。

 はい、寂しいです。

 冗談抜きに結婚を考えました。

 色々とあったけれど、それでも寂しいんですよね…

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/6777



【4】ホストファミリーQ&Aコーナー

 ここでは、読者様から頂いた過去の質問にお答えしておりますが、すべての質問のご紹介がいったん終了しましたので、あらためて質問を募集したいと思います。


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact


■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「j-host@jhfta.or.jp」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:j-host@jhfta.or.jp

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする