記事履歴

 
 
【読者からの質問】マンション住民からの通報で、再度保健所から電話があったのですが、どうしたらいいでしょうか?
  • 発行日 2017-09-13
  • 発行部数 322 部
皆さん

 こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。


 週末は、スイス人のカップルと一緒に、ぶどう狩りに行ってきました。
 
 「こんなに大きいブドウは見たことがない!?」と驚きっぱなしでしたが、その美味しい味にもとても驚いていました。

 こういう感動の共有があると、こちらも本当に嬉しくなりますね。


 さて、読者から悲痛は相談が入っておりましたので、回答したいと思います。


【マンション住民からの通報で、再度保健所から電話があったのですが、どうしたらいいでしょうか?】

お世話になります。
今日再度保健所からお電話来ました。

本当に、何もトラブルは起こして居ません。
連絡が来た理由は、同じマンションの人(だと思うのですが、プライバシーとして教えてくれません)、私の家がaibnbに連載されてる、民泊は違法だ、と。

少なくても何らかしらあったのならわかりますが、留学ホームステイだと仮にしても、それなら無償でやらないと旅館業に触れる、と。

既に何度も保健所の担当者さんとは会ったり話したりしていますが、通報受けたら連絡して辞めてくださいと言うしかない、と。

aibnbダメ、留学ホームステイもダメ、この主張じゃ打つ手もありません。

こちらはホームステイ型ならaibnb大丈夫、と言われてますし、ゲストさんも、民泊は違法だよ、でもあなたの所はホームステイだから問題ないでしょ、と。

しかしながら2度のご飯、シーツ全て含めて1日2千円がマックスくらいじゃないとボランティアと認められない、と。

こちらに登録したら大丈夫なら、と思いましたけど、ここまでの理由なら何も余地なし、裏切って厚顔でいるしか無いでしょうか?



【回答】

 ご自宅で国際交流を楽しみたいと考えて実践されていらっしゃるのに、事情も知らずに心無い通報をされて、とても歯がゆいのではないでしょうか。お気持ちをお察しします。

 ちょっと長くなりますが、しっかりと回答していきたいと思います。


 今回のようなマンションの住民同士の問題というのは、非常に解決が難しいものです。まずはそことをご理解頂ければと思います。

 というのも、民泊に限らず、マンショントラブルはいろいろとあり、解決が非常に難しいからです。ペット、共用スペース、生活音、ゴミ、駐車場、、、過去にピアノの騒音で殺人事件に発展してしまったケースもありましたね。

 私もマンションに住んでおりましたが、「迷惑をかけていない」と思っていたことが、他の人には迷惑と感じられてしまうことも多々ありました。

 民泊やホームステイが違法かどうかというよりも、ここまでくると、少し土俵の違ってくる話しとなります。つまり、マンションという独特の共同生活の中で、「正しいかどうか」という問題よりも、「どうやって折り合いをつけるか」ということがポイントになってくる気がします。


 そこで、これは解決策をお渡しするというよりも、「こんな風にしてはどうでしょうか」というアドバイス程度に聞いて頂ければと思うのですが、

 まず、Airbnbに掲載しているようでしたら、一旦「非公開」にします。

 そして、ホームステイの受け入れを、日本語学校や大学や自治体からの受け入れに絞ってしまうのです。日本語学校や大学や自治体からの受け入れであれば、法律的にもまったく問題ありませんので、後ろめたいこともなく、安心してできるかと思います。

 費用のことが気になるかと思いますが、日本語学校や大学や自治体からであっても、1泊あたり2000円から3000円の謝礼を頂けるところはたくさんあります。1ヶ月にしたら、6万円から9万円となりますので、自己犠牲にはならない金額ではないでしょうか。


 しばらく、日本語学校や大学や自治体からの受け入れを続けてみて、どういう反応があるかで、次のステップに進むことができるかと思います。

 通報をしてくる住民が、Airbnbだけを指摘してくるのであれば、Airbnb以外にもホームステイに特化したサイトがありますので、そちらを利用することもできます。

 また、当協会のホストファミリー養成スクールを受講されてホームステイの受け入れをされると、「Good Host Family」の認定が受けられますので、認定証を見せてもいいかもしれません。

 そのような形で、徐々に折り合いを付けていく形で進めてみてはいかがでしょうか。


 参考になったかどうか分かりませんが、どうぞこの日本の社会に、魅力あふれるホストファミリー文化を根付かせるための、第一歩となることを願っております。



【ホストファミリー養成スクール第2期生募集】

11月からホストファミリー養成スクールの第2期がスタートします。

ホストファミリー養成スクールでは、外国人ホームステイを受け入れするために、安全でスムーズな受け入れと、ホームステイの受け入れする3つの手段を、4ヶ月に渡って教えていく講座です。

▼詳しくはこちら → http://jhfta.org/school


また、ホストファミリー養成スクール第2期をスタートするに当たって、説明会を兼ねて、ホストファミリーの魅力や体験談をシェアするイベントを開催します。

会場は渋谷の日本語学校となります。

▼詳しくはこちら → https://business.form-mailer.jp/fms/468a1beb74832

  

■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「info@jhfta.org」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.org/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:info@jhfta.org

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする