記事履歴

 
 
訪日外国人3119万人過去最高更新、今後さらにホストファミリー需要が拡大するワケとは?
  • 発行日 2019-01-25
  • 発行部数 410 部
○──────────────────○
 (社)日本ホストファミリー養成協会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【お陰様で協会設立3周年!】
 外国人を自宅で受け入れして、
 素敵な国際交流を目指すために、
 有益な情報を発信するメルマガです。
○──────────────────○

こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。


 先日のニュースで、2018年に日本を訪れた外国人の数は、「3119万1900人」だったことが、日本政府観光局(JNTO)から発表されました。

 7年連続で過去最高を更新し、前年比8.7%もの増加だそうです。


※2019/1/16日経新聞より

「2018年の訪日外国人、8.7%増の3119万1900人 過去最高を更新 」

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL16HP0_W9A110C1000000/


 昨年9月は台風による関西国際空港閉鎖、地震による千歳空港運休の影響が響き、大きく落ち込んでいるものの、最終的には過去最高を更新したとのことです。

 これはすごいことです。

 当初は難しいと思われていた、政府の掲げた2030年までに「6000万人」という目標を達成してしまうかもしれません。
 

 しかも、国別の内訳を見ていくと面白い事が分かります。

 アメリカの152万人を筆頭に、オーストラリア55万人、イギリス・フランス・カナダがそれぞれ30万人と、アジア圏以外からの訪日外国人が伸びているのです。

 欧米の観光客というのは、観光目的に加えて、自国とまったく違う「日本の文化を学びたい」「体験したい」「交流したい」という人も大勢いますので、一層ホームステイ需要が高まる可能性があるのです。


 政府や民間企業は今、日本の急激な人口減少と高齢化への対策として、「訪日外国人」「外国人労働者」「外国人留学生」の3方向から外国人受け入れ拡大を進めています。 
 
 今後、私たちホストファミリーの重要性がより一層増していくことでしょう。



=== お知らせ1  ===

【再来週、越谷で講演します!】

 2月3日(土)「越谷市市民活動支援センター」で講演致します。
 
 ホストファミリーというとボランティアのイメージが強いですが、当協会でお話しするホストファミリーは、自己犠牲せずしっかりとお金を頂きながら、安全かつ子育てにもつながる新しいホストファミリーの形です。

 越谷市で講演する機会はなかなかありませんので、もし興味がありましたらお越しください。「越谷ツインシティ」というところになります。


 ※事前申込み制ではないのでどなたでも参加できますが、事前に申込みされると、講演中にお子様を保育士を目指す学生さんと一緒に遊ばせることができるそうです。
 
▼お申込みやお問い合わせはコチラ → https://docs.google.com/presentation/d/1l1z3ytz2J4pWnkVKQWf9vlHhOsJ7s4iOnGF9Oyx7f2Q/edit?usp=sharing

※申込み電話番号:048-969-2750


※Facebookをご覧になれる人は、こちらのイベントのベージから「参加」を押すことで参加 → https://www.facebook.com/events/2339684986265641/



=== お知らせ2  ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。




【1】お茶会は大盛況でした!

 今週水曜日、五反田で1月度のお茶会を開催しました。

 お茶会は、ホストファミリー普及活動の一環として、ホームステイ受け入れに興味はあるものの、不安や疑問をお持ちの方のために個別相談できる機会を作りたいという主旨で開催しています。


 今回は、アンティーク家具と本に囲まれた素敵な空間を参加者の方が提供してくださり、セミナー形式を交えて2時間の開催だったのですが、老若男女6名の方が参加してくださり、大変盛り上がりました。


 参加者からは、

「とても刺激になりましたし、お話できて楽しかったです!」

「目からウロコなシーンが何度もありましたし、自分自身の気持ちも単なる興味から、やってみようと一歩踏み出せそうな心持ちになりました。」

 といった声まで頂くことができました。

▼お茶会の写真はコチラ(画質が悪いのが残念、手前の男性の方は本当は楽しそうだったんですよ笑) → http://jhfta.or.jp/archives/7923


※2月のお茶会の日程です。

 少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、代表の嘉手納に気軽に相談することもできます → https://ssl.form-mailer.jp/fms/23722270577214



【2】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載85回目】

◆今までのあらすじ

日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成スクール」で学んだ内容を、独身女性である筆者が実践し、実際にホームステイを受け入れる。

語学学校からオランダ人1名、スイス人1名、フィンランド人2名、ブラジル人1名、フランス人1名を受け入れ、のべ受け入れ日数は150日強。

その後、インターネット上のホストとゲストを結びつけるサイトからドイツ在住のインド人Vanchinathan(バンチャンサン)を受け入れる。そして・・・


◆プロフィールを見ると・・・!?

最近、我が家にホームステイを希望する人が、とても多いです。

私のところには、ほぼ毎日3通ほどリクエストが来ます。

世界中のいろいろなプロフィールを持った人たちからリクエストもらうのですが、そのプロフィールが・・・

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/7580



【3】ホストファミリーQ&Aコーナー

「あなたからの質問にお答えします!」


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact



■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「j-host@jhfta.or.jp」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


○──────────────────○  

 当協会の活動については、
 こちらからご覧になれます。
 http://jhfta.or.jp/kyokaigaiyo

○──────────────────○

 テレビ朝日グッドモーニングで、
 半日密着取材を受けました。
 https://vimeo.com/159606953

○──────────────────○


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:j-host@jhfta.or.jp

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする