記事履歴

 
 
ホームステイと民泊は違う!
  • 発行日 2018-05-18
  • 発行部数 359 部
皆さん

こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。


大失敗をしてしまいました。。。

我が家には、今二人の外国人が滞在しています。

スイス人の女の子が3ヶ月、フランス人の男性が1ヶ月です。


通常2部屋、2人までの受け入れとしているのですが、期間中にAirbnbで予約を受けてしまっていたのです。

つまり、ダブルブッキングしてしまっていたのです。

これには焦りました。。。。



=== お知らせ ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。

============



このようなダブルブッキングは、重いペナルティを課されてしまいます。

何より予約してくださっていた方の滞在先が無くなってしまいます。

最悪は私の方でホテルを予約して、滞在費を全額負担する覚悟をしました。


幸いにも、まだ客間が空いています。こちらの部屋は四畳半ほどで狭く、扉も引き戸ですので、不便になってしまいます。

今いるフランス人の男性に正直に相談してみたのです。

「私はミスをしてしまいました。」

「もし嫌でなかったら、不便になってしまうかもしれないのですが、部屋を移ってもらうことはできますか?」


すると、最初は戸惑った表情をしたのですが、すぐに快く了承してくれたのです。本当に嬉しかったです。

きっと良好な関係を築けていなかったら、了承してくれることはなかったでしょう。


私のミスで、我が家はさらに賑やかになりましたが、今後の教訓として活かし、楽しみたいなと思います。



【1】ホームステイと民泊は違う!

先日、民泊に反対している都議員さんと意見交換をしてきました。

ホストファミリー推進側としては、Airbnbトップホストでもある71歳の独身女性と、多摩地区でホストをしているご夫婦と、私の4名です。

顔合わせ早々、かなり重たい空気が流れます。

打ち合わせ初っ端から「謝礼をもらっている時点で民泊です」といった牽制が入ります。。。


たしかに、1ヶ月以内のホームステイは、旅館業法や住宅宿泊事業法(民泊新法)などの法律に抵触してしまう可能性があります。

厳しい地方自治体や保健所などでは、頭ごなしに「それは違法です!」と言う方もいます。

それでも、旅館業法や民泊新法では、旧来からあるホームステイがまったく考慮されていない点を、説明させていただきました。

そして、ホームステイと(いわゆる)民泊とは主旨も目的も違う点、マンションではAirbnbの受け入れは現状不可能な点などを切実に訴えた所、かなり理解を示してくださいました。

都議員さんもまた、ホームステイは草の根的な国際交流だと考えて、積極的に支援しているそうなのです。


そこで、当協会として伝えたことは3点。

1.家主不在型(いわゆる民泊)と家主同居型(ホームステイ)は、分けて考えて欲しい。

2.家主同居型(ホームステイ)には一切規制しないで欲しい。

3.とはいえ、悪さをする人が必ず現れるので、講習制(または免許制)にして欲しい。→ 講習を当協会で担う

ということをお伝えさせていただき、意見要望書を提出させて頂きました。

※「意見要望書」 → http://jhfta.or.jp/archives/6712


そうしたところ、最後はかなり和やかな雰囲気となり、参加された都議と市議の方からは、「引き続き勉強させてください」「今度ご自宅を拝見させてください」「国に意見をあげていきます」と、

かなり前向きに検討してくださるようにお答え頂きました。

今後の動きとしてですが、おそらく賛同者を集め、ガイドライン改訂の署名活動などの動きになっていくと思われます。




【2】募集中のホームステイプログラム

1.短期(5日6日)

「アメリカ人親子(2人)ホームステイを受け入れプログラム(C001)」

・中高生の子供と、両親のどちらか or 祖父母のどちらかを一緒に受け入れするプログラムです。

・未成年者だけの受け入れは難易度が高いですが、このプログラムは期間が短いことと、ご両親や祖父母が一緒となりますので、初心者でも安心して取り組めます。

・期間:合計5泊 ※2018年6月8日(金)-10日(日)3泊、6月15日(金)1泊、6月17日(日)1泊

・募集ホストファミリー数:15-20組

・ホストファミリーの条件

ー 単身者OK

ー 東京、神奈川、埼玉、千葉にお住まいの方 ※都心におおよそ1時間から1時間半の圏内

ー 謝礼:5泊6日で10,000円ほどの予定

▼詳細はこちら → https://business.form-mailer.jp/fms/6002f25569398



2.短期〜長期

「渋谷にある日本語学校へ通う留学生を受けれるプログラム(C002)」

・期間:2週間より

・渋谷より約1時間圏内にお住まいの方 ※1時間以上かかる場合はご相談ください。

・家族構成は問いません。

・ヨーロッパ、北米、南米、アジアなどから、10代・20代を中心とした留学生
 
・謝礼
1.一室に1人受け入れで、7泊17,000円
2.一室に2人受け入れで、7泊26,000円(1人13,000円)

▼詳細はこちら → https://business.form-mailer.jp/fms/6002f25569398



3.長期

「台湾の高校生ホームステイプログラム」

・日本の高校に1年間留学する台湾の高校生を受け入れするプログラムです。

・期間:1年 or 半年 ※期間については要相談

・募集ホストファミリー数:10組

・ホストファミリーの条件

ー 単身者OK

ー 全国 ※今のところ決定している募集エリア

●東京:王子、渋谷、笹塚、武蔵境、立川、八王子

●埼玉 :坂戸

●神奈川;相模原市、横須賀市、横浜市

●京都 :長岡京市

▼詳細はこちら → https://business.form-mailer.jp/fms/6002f25569398




【3】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載50回目】

◆あらすじ

独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れ準備をする。

筆者は賃貸マンションに住んでおり、大家さんがAirBnbに反対ということもあり、語学学校からAino(アイノ)というフィンランドの中学生でグルテンフリーの子を3週間受け入れる。Ainoも筆者も色々な経験をして、あっという間にお別れと同時に次の留学、それも男性2名が来るもしょっぱじめからトラブルが発生したと思いきや色々と楽しい出来事も起き、2名のうち1名が帰国し…


◆外国人に人気のスポット

日本ホストファミリー養成協会の、ホストファミリー養成講座の受講生が利用できるFacebook上の専用のグループがあります。

このグループでは、ホストファミリーをしていて気づいたことや困ったことを共有することができます。


8月半ばのこと。

ある先輩ホストファミリーが「我が家にホームステイしている子が『行きたい』って言うんですけど、行かせても大丈夫でしょうか?」と書き込んだ場所があります。先輩ホストファミリーでも、さらに先輩のホストファミリーに相談したい時もあるんですよね…

それはそうと、この先輩ホストファミリーのところにいる外国人が「行きたい」と言っている場所は、どこでしょう?

ちなみに、この書き込みに対して、「我が家では家族全員で行きました」ですとか、「ウチに来た子も『行きたい』って言っています」ですとか、「ウチの子も行って来ました」なんて書き込みが続きました。

その一方で「それなりの装備がないと」ですとか「夏だからとは言うものの」なんて書き込みもありました。

さぁ、この場所がどこだか、わかりましたか?

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/6763



【4】ホストファミリーQ&Aコーナー

 ここでは、読者様から頂いた過去の質問にお答えしておりますが、すべての質問のご紹介がいったん終了しましたので、あらためて質問を募集したいと思います。


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact


■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「j-host@jhfta.or.jp」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:j-host@jhfta.or.jp

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする