記事履歴

 
 
ホストファミリーをして何が変わったのか?
  • 発行日 2019-01-11
  • 発行部数 403 部
○──────────────────○
 (社)日本ホストファミリー養成協会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【お陰様で協会設立3周年!】
 外国人を自宅で受け入れして、
 素敵な国際交流を目指すために、
 有益な情報を発信するメルマガです。
○──────────────────○

こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。

2019年、初のメルマガ配信になります。


昨年もお伝えしたのですが、今年はホストファミリーのサポート業務を広げていきながら、講演による草の根活動をしていこうと考えております。

すでに2月〜5月まで毎月講演依頼が入っており、どんどん依頼が舞い込んできている状況です。本当に有り難いことです。

・2月3日(日)埼玉県越谷市

・3月2日(土)栃木県野木町

・4月13日(土)北海道札幌市

・5月9日(木)埼玉県浦和市

そして、いよいよ出版、TV出演など、いろいろなことに挑戦していきたいなと感じている次第です。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


さて、大きく飛躍できるように活動をしていますが、年末年始はなるべく仕事のことを考えずにゆっくりすることを心がけて、パソコンを見ないようにしていました。

そうしないと、いつまでも仕事をしてしまって、家庭が崩壊するからです(笑)。


サラリーマン時代は休みの日はまったく仕事をしたくなかったのですが、私の頭はあまのじゃくにできているらしく(笑)、今ではいつも頭が仕事モードになってしまうのです。

もう仕事がしたくてしたくてたまらなくない。

自分や家族や仲間、そして世の中のための仕事は面白くて仕方がないということを日々感じている次第です。


国連が毎年発表している『世界幸福度ランキング』によると、日本の幸福度は、昨年より3つ順位を落とし「54位」。。。
 
156カ国中で54位なのだから上位と言えなくもありませんが、紛争の耐えない地域が含まれていることや、日本は経済大国だというを考えると複雑です。
 

何をもってして「幸福」とするかは人それぞれではありますが、上位にラインキングされる国の人たちをホームステイとして受け入れすると、その意味が分かります。

本当にみな幸せそう。
 
  
日本は「本当の幸せとはなにか?」を、もう一度考え直す時期に来ているのではないかなと感じた次第です。
 
そのためには「他国の人々の関わり」によって見えてくることも少なくありません。

2019年、日本中の人たちがホームステイを受け入れ、「それぞれの本当の幸せ」に気がついていきますように。

本年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
 
 
<世界幸福度ランキング2018>
第1位: フィンランド
第2位: ノルウェー
第3位: デンマーク
第4位: アイスランド
第5位: スイス
第6位: オランダ
第7位: カナダ
第8位: ニュージーランド
第9位: スウェーデン
第10位: オーストラリア
 
(参照元:「World Happiness Report
2018」https://s3.amazonaws.com/happiness-report/2018/WHR_web.pdf



=== お知らせ1  ===

【来年1月のお茶会のお誘い】残席1となりました!

「ホストファミリーを安全に始めたい」という方のために、少人数で相談できるお茶会を毎月開催しています。

今回は、五反田にあるアンティークの家具が並ぶ素敵なオフィスでお茶会を開催できることになりましたので、楽しみにしていてくださいね。


ホームステイ受け入れに興味はあるものの、不安な方がいらっしゃいましたら、お茶会にいらしてください。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

もし興味のある方がいましたら、1月のお茶会の日程はこちらです → https://ssl.form-mailer.jp/fms/23722270577214


=== お知らせ2  ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。


【1】ホストファミリーをして何が変わったのか?

栃木県野木町という場所で、ホームステイ受け入れをする鶴岡です。

私は育児と家事を夫婦で共に助け合い、お互い尊重し合える関係作りを目指しています。お片づけの悩み解決や保険のアドバイス、歌のお兄さん、そしてホストファミリーに挑戦しています。

(社)日本ホストファミリー養成協会の理念に共感し、一緒に活動しています。


◆ホストファミリーをして何が変わったのか?

外国人を自宅に受け入れて一緒に生活する、いわゆるホストファミリーとなって、我が家の生活は変わった。

一言で言うと・・・

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/7864



【2】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載83回目】

◆Couchsurfingはご存知ですか?

ホームステイの受け入れ開始から約半年、自らもCouchsurfing(カウチサーフィン)を利用してホームステイを体験し、帰国後、今度はCouchsurfingを使ってホームステイを受け入れることに。

今回は、そのCouchsurfingについて、「こうやったらホームステイしたい人からのお問い合わせが来る」「大量のお問い合わせメールにはこんな対応を」という話を書きたいと思います。


◆我が家は大人気

我が家は物凄く大人気です。どれぐらい人気か、と言うと、毎日2件は「ホームステイしたい」というお問い合わせが来ます。

どうやら私がお問い合わせを受けやすい理由は3つあるようです。

その理由は・・・

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/7544



【3】ホストファミリーQ&Aコーナー

「あなたからの質問にお答えします!」


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact



■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「j-host@jhfta.or.jp」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


○──────────────────○  

 当協会の活動については、
 こちらからご覧になれます。
 http://jhfta.or.jp/kyokaigaiyo

○──────────────────○

 テレビ朝日グッドモーニングで、
 半日密着取材を受けました。
 https://vimeo.com/159606953

○──────────────────○


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:j-host@jhfta.or.jp

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする