記事履歴

 
 
民泊新法スターで、もうマンションでの民泊は難しい・・・
  • 発行日 2018-03-23
  • 発行部数 344 部
皆さん

こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。



先月2月に大阪で発生した殺人事件は、私たちホストファミリーにとっても、身震いするような事件でした。

なぜなら、容疑者とされるアメリカ人観光客が滞在し、被害者の女性が遺体の一部が発見されたのが、民泊を営むマンションの1室だったとされるからです。

同容疑者はAirbnbで予約滞在、写真を偽ってアカウント登録していたとも言われています。


事件の全容解明が急がれるところですが、この事件について「女性セブン」から電話取材を受け、安全に外国人を受け入れる方法や、事前に危険性をキャッチするコツについて答えました。

そのコメントのごくごく一部が掲載されました。

※3月22日発売 女性セブン「大阪民泊バラバラ殺人”国際交流”の落とし穴」→ http://jhfta.or.jp/wp-content/uploads/2018/03/IMG_2917.jpg


一方で、よくよく事件の経緯を調べてみると、あまり民泊とは関係無いことも分かってきます。

殺害場所になったとされる場所は、届け出無しで民泊を運営していたマンションの1室だったことはたしかです。


しかし、殺害されたのは、民泊を運営してたホストではありません。

殺害されたのは、出会い系のマッチングアプリで知り合った女性だったとされているのです。

民泊を通して知り合った女性ではないのです。

たまたま殺害現場場が民泊で滞在していた部屋だっただけなのです。


ですので、もし今回の事件の責任が民泊や民泊ホストにもあるとするならば、座間市で起こった凄惨な事件は、アパートや管理会社や大家さんに責任があるということになってしまいます。

それはおかしな結論だなと感じてしまいます。


もちろん違法な民泊はいけません。

民泊ホストとしては、自身が運営する民泊の部屋が殺害場所に使われる危険性があるというリスクを知る事件ではあったと感じています。



【1】民泊新法スターで、もうマンションでの民泊は難しい・・・

このような凄惨な事件が起こってしまうと、心配なのは「民泊反対」の動きがより活発化することと、「ホストファミリーが怖い」と感じる人が増えてしまうことです。


ですので、6月15日にスタートする民泊新法(住宅宿泊事業法)は、一定の役割を果たしてくれるのではと私は期待しています。


近隣の迷惑を顧みず、単なるお金儲けで民泊を運営する人がいなくなり、ルールを守りちゃんと民泊を運営しいきたいと考える人が増えると考えるからです。


しかし、この民泊新法の手続きは本当に手間がかかり大変です。

特にマンションで民泊運営するのは、家主同居型であれ家主不在型であれ、「ほぼ不可能」と言っていいほどの内容になっています。

戸建ては粛々と書類を揃えて届け出すればほぼ問題なく通ることは分かってきたのですが、マンションはまず無理です。。。


ですので、以下のような意見要望書を書き、家主同居型の制限を撤廃を求めて、当協会としては活動していきたいと考えています。

▼意見要望書はコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/6559


一方で、民泊新法ができたことによって、たとえマンションであっても、「ホストファミリーは問題なくできる」ということも分かりました。

また、真っ当にやる方法も分かってきました。

いずれセミナーやスクールを通じてシェアしていきたいと思います。



【2】ホストファミリー募集のご案内

たくさんのお申込みありがとうございます。

お陰様ですでに6組の方からのお申し出を頂きました。

4月下旬が5月ごろに説明会を開催したいと考えておりますので、もし興味があるかたは引き続きお申込みをお待ちしております。


〜 以下、再掲載 〜

信頼できる提携機関から、ホストファミリー募集の案内が入っています。

海外に行くことなく、ご自宅で留学したような経験を体験できる、短期と長期のホームステイプログラムです。いずれも謝礼の支払いがあります。

ホストファミリー募集に先立って、ホストファミリー養成スクールを受講して頂くことで、安全にトラブル無く受け入れができるようになります。受け入れ期間中のサポートも行っていきます。

▼プログラム申込み → 


<募集プログラム1>

アメリカ人親子(2人)を合計5日間のホームステイを受け入れるプログラム。

・中高生の子供と、両親のどちらか or 祖父母のどちらかを一緒に受け入れするプログラムです。

・未成年者だけの受け入れは難易度が高いですが、このプログラムは期間が短いことと、ご両親や祖父母が一緒となりますので、初心者でも安心して取り組めます。

・期間:合計5泊 ※2018年6月8日(金)-10日(日)3泊、6月15日(金)1泊、6月17日(日)1泊

・募集ホストファミリー数:15-20組

・ホストファミリーの条件

ー 単身者OK

ー 東京、神奈川、埼玉、千葉にお住まいの方 ※都心におおよそ1時間から1時間半の圏内



<募集プログラム2>

台湾の高校生を長期間受け入れるプログラム

・日本の高校に1年間留学する台湾の高校生を受け入れするプログラムです。

・期間:1年 or 半年 ※期間については要相談

・募集ホストファミリー数:10組

・ホストファミリーの条件

ー 単身者OK

ー 全国 ※今のところ決定している募集エリア

●東京:王子、渋谷、笹塚、武蔵境、立川、八王子

●埼玉 :坂戸

●神奈川;相模原市、横須賀市、横浜市

●京都 :長岡京市



【3】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載43回目】

◆あらすじ

独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れ準備をする。

筆者は賃貸マンションに住んでおり、大家さんがAirBnbに反対ということもあり、語学学校からAino(アイノ)というフィンランドの中学生でグルテンフリーの子を3週間受け入れる。Ainoも筆者も色々な経験をして、あっという間にお別れと同時に次の留学、それも男性2名が来るもしょっぱじめからトラブルが発生したと思いきや色々と楽しい出来事も起き、2名のうち1名が帰国し…


◆やっぱり悩みは「食事」

 日本ホストファミリー養成協会が開催する「ホストファミリー養成講座」を受講すると良いのは、同じくホストファミリーをする人々と仲良くなれることです。

 ホームステイを受け入れていて何か気になることや疑問があれば、気軽に先輩ホストファミリーに相談することができます。

 ほんと、これだけでも多くのホストファミリーが抱えるストレスの8割は解消できると思います。


 そして、そんな中で多くのホストファミリーが頭を抱えているのが食事のようです。

 確かに私も最初は、しっかりと一汁三菜を意識していました。でも・・・

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/6579



【4】ホストファミリーQ&Aコーナー

 ここでは、読者様から頂いた過去の質問にお答えしておりますが、すべての質問のご紹介がいったん終了しましたので、あらためて質問を募集したいと思います。


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact



■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「j-host@jhfta.or.jp」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:j-host@jhfta.or.jp

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする