記事履歴

 
 
うんうん、分かるよ、アメリカ人のお父さん!
  • 発行日 2017-06-30
  • 発行部数 309 部
皆さん

 こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。


 ジメジメした毎日が続きますね。

 このシーズンは、夏に日本に来たいという外国人からの問い合せも増えます。

 
 私のところにも頻繁に問い合わせが来ていますが、先日こんな問い合わせがありました。

「20歳の娘が1人で日本に旅行したいって言い出して、あなたの家に滞在したいと考えています。心配で仕方がありません。」

「娘は背がとても高く、とても綺麗なアメリカ人女性です。東京は安全ですか?そちらは安全ですか?」

「あなたは娘を滞在させることをどう思いますか?あなたの考えを聞かせてください。」


 うんうん、分かるよー、お父さん!(お母さんかもしれない)

 掻い摘んで意訳しましたが、子を持つ親の気持ちは世界共通。我が子が可愛ければ可愛いほど心配になるものです。美人な娘さんだったらなおさらですよね。 


 「どんな外国人が来るか分からなくて怖い・・・」と不安でホストファミリーを始められない人も多いかと思いますが、ホームステイする外国人の方がもっと不安なのです。

 ご両親を安心させてあげるのも、私たちホストファミリーの大切な役目です。



【1】日本に来た外国人が感じるカルチャーショック

 以前の記事「外国人ゲストが日本に来て驚いたこと20選(前半)」でも紹介しましたが、外国人が日本を訪れて、さまざまなカルチャーショックを感じるそうです。そんなゲストの反応を見て、私は楽しんでいたりもします(笑)。

 そして、外国人が日本で遭遇した異文化体験を1冊の本にまとめた面白い本があったので、ご紹介します。この本では、日本に滞在した10人の外国人のカルチャーショックがまとめられており、外国人から見た日本の不思議が紹介されています。

 この本を読むと、「あぁ〜、外国人は日本に来て、そんな風に思っていたのか!?」ということが、少し分かるようになります。


 そして、外国人が日本で遭遇した異文化体験を1冊の本にまとめた面白い本があったので、ご紹介します。この本では、日本に滞在した10人の外国人のカルチャーショックがまとめられており、外国人から見た日本の不思議が紹介されています。

 この本を読むと、「あぁ〜、外国人は日本に来て、そんな風に思っていたのか!?」ということが、少し分かるようになります。

<本で紹介されていた面白いカルチャーショックの例>

・日本では、どの茶碗、どのお箸が、誰のものか決まっているの?それってそんなに大事なことなの?お風呂では、全員同じお湯を使うでしょう?

・なんで日本にはこんなに暗黙のルールが多いの?

・なんで日本人は、ここまで完璧を求めるの?「I’d like a hamburger,please!」でも「I’ll have the hamburger,please!」でも、ハンバーガーは手に入るよ。。。

▼続きはコチラ
http://wp.me/p6Ve7u-1rb



【2】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載5回目】

◆あらすじ

 独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れ準備をしている。


◆ふと、ひらめいたのです。

 「いきなり見ず知らずの外国人に泊まってもらうよりも、まずは日本人のお友達に泊まってもらおう」と。

 泊まってもらうことで、不都合がないか、チェックしてもらえます。
近い将来、ホームステイを受け入れることをお伝えして、実際に泊まってみてどうだったかコメントをもらうことができます。

 日本ホストファミリー養成協会のホストファミリー養成講座を受講すると、「日本人のお友達に泊まってもらう」ことは別の意味でも有利な戦略だとわかるのですが…語学学校からの留学生を受け入れる私の場合、残念ながらこのメリットは受けられません。

 ともかく、やるとなったら、やる!

 でも、どうやって?

▼続きはコチラ → http://wp.me/p6Ve7u-1pP




【3】ホームステイ型民泊Q&Aコーナー

ここでは、読者さんから頂いた過去の質問にお答えしていきます。

<質問>

「大阪市はホームステイ型民泊はできないそうです。何故でしょうか?」

 大阪市はホームステイ型民泊はできないそうです。何故でしょうか?民泊の意図からずれてませんか?

 部屋が空いているのでエアビーアンドビーに登録して完璧に用意していたのに違反になるのが何だか納得できません。


<回答>

 質問ありがとうございます。とても重要で良いご質問なので、ちょっと長くなりますがじっくり回答させて頂こうと思います。

 そうなのです。現在、大阪市だけでなく、自宅の1室で受け入れる「ホームステイ型民泊」が、今とてもやりづらい状況なのです。

 特にAirbnb(エアビーアンドビー)は目の敵ですので、全国各地で保健所から「違法民泊」の摘発が行われています。

 単なるお金儲けが目的で、近隣や回りの人の迷惑をかえりみず、民泊をやっている人が、あまりにも多過ぎるからなのです。

 とても残念で仕方がありません。


 まずは簡単に、ホームステイ型民泊について説明しておきます。

 ホームステイ型民泊とは、Airbnb(エアビーアンドビー)などのサイトから、自分の住む自宅の1室で、外国人を受け入れる民泊です。

 一方で、「ホームステイ型民泊」に対して、「投資型民泊」というものが あります。

 誰も住んでいないアパートやマンションの1室や戸建てを、外国人旅行者に貸し出しをする民泊です。

 現在問題になっている民泊や逮捕者が出ている民泊は、ほぼこの「投資型民泊」のケースです。


 しかし、世間一般的には、両者の違いは、ほとんど理解されていません。

 政府、保健所、警察ですら、民泊には2つの種類があるということを、ご存知無い方も多いのです。

 「投資型民泊」ばかりが、悪いイメージで注目されて、取り締まりや規制が強化されているのです。

 それでは、現時点で、ホームステイ型民泊をするにはどうしたらいいのでしょうか?

 旅館業の規定に縛られず、安全に自宅でホームステイの受け入れをするいくつかの方法をご紹介します。

▼続きはコチラ → http://wp.me/p6Ve7u-1dO



■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「info@jhfta.org」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.org/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:info@jhfta.org

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする