記事履歴

 
 
パパ、ママ、英語はそこまで必要なの?
  • 発行日 2018-09-07
  • 発行部数 390 部
○──────────────────○
 (社)日本ホストファミリー養成協会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 外国人を自宅で受け入れして、
 素敵な国際交流を目指すために、
 有益な情報を発信するメルマガです。
○──────────────────○

こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。

台風21号の被害の爪痕が残る中、今度は北海道で大きな地震が発生。。。

北海道に住む方々の無事をお祈りしています。


北海道には、外国人観光客も多く訪れていたと言います。

突然の地震と停電。

外国人観光客にとっては地の利も分からない異国の地での非常事態です。

パニックになった外国人も多かったようです。


2019年にラグビーのワールドカップ

2020年に東京オリンピック


これからますます外国人観光客が増える中、いかに外国人の避難を誘導するか、観光地にとっては今後大きな課題となりそうです。


我が家では、東京都が発行してくれている「東京防災」を活用しています。

たとえば、P.288〜P.291には、「非常時に使える英会話」が掲載されていたり、外国人用の「緊急連絡先一覧カード」が掲載されています。


東京都以外の方でも手に入れられますし、Kindle版ですと無料ですので、ぜひ手にしておくと良いかなと思います。

▼東京防災 → https://amzn.to/2MXEddT



=== お知らせ1  ===

【9月のお茶会】

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、不安な方がいらっしゃいましたら、お茶会にいらしてください。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

もし興味のある方がいましたら、9月の開催はこちらです → https://ssl.form-mailer.jp/fms/23722270577214



=== お知らせ2  ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。



【1】パパ、ママ、英語はそこまで必要なの?


ここ最近、「英語学童」が急成長しているそうです。

子供を預かってくれる先生がすべて外国人で、英語のみの環境のため、放課後子どもたちを預かってくれるだけでなく、子供の英語学習にもつながるということがウケているそうです。

先日聞いた話しでは、月額5万円以上するにも関わらず、入会待ちになるほど人気があるそうです。

4年前のデータではありますが、調査会社の矢野経済研究所の調査では、「2014年度の学童保育市場規模は前年度比 6.3%増の 2,862 億円、拡大基調続く」と報告されています。

小学校3年生から英語が必修となった影響もあるのでしょうか、少子高齢化が進む日本において、この伸び率はすごいなと感じます。


そこで、小さいお子さんをお持ちで、子どもへの英語学習を考えているご家庭に、あえてこんな質問をしてみたいと思います。

【質問】英語はそこまで必要なのでしょうか?


▼続きはこちら → http://jhfta.or.jp/archives/7591



【2】10月6日(土)に説明会&お茶会を開催します

11月にメキシコの方たちが日本にお越しになるため、ホームステイの受け入れしてくださるホストファミリーを募集します。

2泊3日と期間も短く、大人の女性がほとんどなため、「初めてホストファミリーをやってみる」という方に最適なプログラムです。

そこで、プログラムに興味のある方に対して、10月6日(土)に説明会&お茶会を開催します。

もし興味のある方は予定を空けておいていただければと思います。


また、募集エリアや謝礼などについては、後日ご案内いたしますので、ご興味のある方は、まずは以下に登録しておいてください。

▼ホストファミリー募集メルマガ → http://japanlifedesign.com/ms_mail_1/form_if.cgi?type=3&id=003JHost



【3】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載66回目】

◆あらすじ

 独身女性である筆者が、ホームステイを受け入れる「ホストファミリーをやってみよう」という企画で、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら受け入れる。

 筆者は、大家さんがAirBnbに反対しているマンション暮らしということもあり、語学学校からAino(アイノ)というフィンランドの中学生でグルテンフリーの子を3週間受け入れたのに引き続き、スイス人のNathanael(ナサナエル)とオランダ人のNeils(ニルス)という2人の男性を同時に受け入れ、さらに今度は(ミイサ)というフィンランド人女性を受け入れ、ほぼ同時にブラジルからBruna(ブルーナ)という女性も受け入れる。


◆意外と知らないことだらけ

 フィンランドから来たMiisa(ミイサ)とブラジルから来たBruna(ブルーナ)がいなかったら、私は間違いなく1人でお祭りに行き、仮にあのお神輿の前を通っても別に何とも思わずにスルーして、あちこちのお神輿が出る日も何事もなく過ごしていたと思います。

 そう、何事もなかったかの如くコーヒーを飲んでいた年もありましたっけ。目の前の交差点を子供みこしが通って行くのを見たことがあります。

 私が子供の時に担いだ子供みこしは、この交差点には来なかったので、子供みこしもあちこちの町内会や商店街が持っているのかな。

 ともかく、2人がいたから今年はお神輿を担ぎました。

 そして、2人からお神輿について色々と質問を受けたからこそ、私も意外と知らないことが多いのに気づきました。

例えば・・・

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/6959



【4】ホストファミリーQ&Aコーナー

 ここでは、読者様から頂いた過去の質問にお答えしておりますが、すべての質問のご紹介がいったん終了しましたので、あらためて質問を募集したいと思います。


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact



■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「j-host@jhfta.or.jp」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


○──────────────────○  

 当協会の活動については、
 こちらからご覧になれます。
 http://jhfta.or.jp/kyokaigaiyo

○──────────────────○

 テレビ朝日グッドモーニングで、
 半日密着取材を受けました。
 https://vimeo.com/159606953

○──────────────────○


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:j-host@jhfta.or.jp

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする