記事履歴

 
 
家事の時間と負担を減らせたら、ホストファミリーがもっと広まる!?
  • 発行日 2018-12-14
  • 発行部数 398 部
○──────────────────○
 (社)日本ホストファミリー養成協会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【お陰様で協会設立3周年!】
 外国人を自宅で受け入れして、
 素敵な国際交流を目指すために、
 有益な情報を発信するメルマガです。
○──────────────────○

こんにちは。日本ホストファミリー養成協会・代表理事の嘉手納知幸です。

家事がなくなれば、奥様の負担が軽くなり、ホストファミリーがもっと増えるかもしれない!

そんなワクワクの未来を予感させるデジタル家電が増えてきました。


・お部屋の床の掃除 → ロボットが定期的に掃き掃除、拭き掃除まで!

・食器洗い → 食洗機が洗ってくれるのはもちろん、庫内の掃除もいらない!

・照明、TV、音楽、エアコン、玄関扉 → 遠隔操作、声でスイッチオンオフ!

こんなのはもはや当たり前。


最近では、

・洗濯→乾燥→アイロン→たたむ → 移し替えるだけでほぼ自動!

・料理 → メニューを選べば、材料を用意して、下ごしらえすれば、あとは半自動で調理!

・窓の掃除 → ロボットが定期的に拭き掃除!


さらには、

・赤ちゃんの寝かしつけや子守り → 自動!

・ネコの餌やりからトイレ掃除まで → ほぼ自動です!


これは未来?

いえいえ、すでにこれらのすべてが実現しています。その証拠に、それらすべてを導入して子育てまでしている夫婦がいます。

先月、お部屋を見学してきました。

築46年の団地が、まるでタワーマンションの一室かのようにフルリフォームされており、それらの家電がすべて入ってその夫婦は生活しています。

そこはまさに未来空間 → https://www.facebook.com/nanakoro3/posts/1786752498100426


家事には毎日2時間から3時間の時間がかかっているといいます。

世の中の主婦の方々が、それだけの時間を別のことに使うこともできたら、きっと家で外国人と交流したという人もいるのではないでしょうか!?


ホストファミリーをすれば、月5万円から多い人で月15万円ほどの副収入にもなりますので、家電をどんどんグレードアップすることもできます。

まさに好循環が生まれてくるのです。

こうして、もっとホストファミリーが普及していけばいいなと感じた次第です。



=== お知らせ1  ===

【来年1月のお茶会のお誘い】2019年初のお茶会です

「ホストファミリーを安全に始めたい」という方のために、少人数で相談できるお茶会を毎月開催しています。

ホームステイ受け入れに興味はあるものの、不安な方がいらっしゃいましたら、お茶会にいらしてください。

少人数制ですので、ざっくばらんにお話しできますし、嘉手納に気軽に相談することもできます。

もし興味のある方がいましたら、1月のお茶会の日程はこちらです → https://ssl.form-mailer.jp/fms/23722270577214


=== お知らせ2  ===

協会メルマガの配信を、LINEでも読めるようになりました。

メールよりも、LINEの方が読みやすいという方は、ご登録ください。

▼LINE → https://line.me/R/ti/p/%40eos9458t

※QRコードから飛ぶか、「 @eos9458t 」を検索して友達追加ください。



【1】おもてなしファミリー養成したい!

栃木県野木町という場所で、ホームステイ受け入れをする鶴岡です。

私は育児と家事を夫婦で共に助け合い、お互い尊重し合える関係作りを目指しています。お片づけの悩み解決や保険のアドバイス、歌のお兄さん、そしてホストファミリーに挑戦しています。

(社)日本ホストファミリー養成協会の理念に共感し、一緒に活動しています。

さて、今日本のおもてなしは注目されていますが、日本の子供達はいつ、おもてなしのスキルを身につけるのでしょうか?


▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/7819



【2】独身の私がホームステイを受け入れてみた!【連載80回目】

◆あらすじ

 独身女性である筆者が、日本ホストファミリー養成協会の「ホストファミリー養成講座」の内容を活用しながら語学学校のホームステイを受け入れる。今まで受け入れた留学生は合計6人。連載当初は1人受け入れて終わる予定だったが、実際にホームステイを受け入れてみると面白いことや想定外のことなどが色々と起き、ホストファミリーが楽しくなってくる。一方、自分も海外に行きたいと思い、ポーランドのポズナンにてSybi(シビー)の家でホームステイすることに・・・


◆不安な町でホストファミリーが優しく教えてくれる

ポーランドで書道家の友人の南さんの展覧会に行くことになった私。

ちょうど良いバスを見つけたものの、チケットを持っておらず、ホストファミリーのパパが調達してくれるという状況だったのです。。。


私にとって、これはちょっとした冒険でした。

路面電車に乗り換える時に、若い男性2人組に「駅に行くならこっちが良い」と別のところに連れて行かれそうになったり…

▼続きはコチラ → http://jhfta.or.jp/archives/7426



【3】ホストファミリーQ&Aコーナー

「あなたからの質問にお答えします!」


 これまでどんな質問があったかというと・・・

・日中仕事をしているのですが、ゲストへ鍵を受け渡しするにはどうしたらいいでしょか? → http://jhfta.or.jp/archives/3167


・妻に相談したところ猛反対されたのですが、何とか妻を説得する手だてはございますでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3555


・実は群馬県で民泊を検討しているのですが、需要はあるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3593


・ゲストがエアコンをつけっぱなしで外出するのですが、留守中に部屋に入って、消してもいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/3591


・しっかりと準備をし、順序良くやるには何から始めたらいいのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4342


・賃貸のお部屋でもホームステイの受け入れはできるのでしょうか? → http://jhfta.or.jp/archives/4805
 
 
・ホストファミリーの募集は、airbnbの他にもありますか? → http://jhfta.or.jp/archives/5024


 ご質問の一例を挙げましたが、もし他にも聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談ください。

 経験豊富な当協会の認定講師から回答をさせて頂きます。


▼ご質問・ご相談はコチラ → http://jhfta.or.jp/contact



■あなたからの公開質問を募集しています。

公開質問とは?

皆様より頂いた質問やご相談に、
経験豊富な認定講師が回答していきます。

公開質問いただくことによって、一度に多くの方にシェアできて、
メルマガ読者全員がレベルアップができるからです。

・「英語が話せないのですが、始められますか?」
・「妻をどうやって説得したらいいでしょうか?」
・「夫婦共働きですが、受け入れはできますでしょうか?」など...

さまざまな質問や不安に対して、
回答していきます。

▼ご質問はこちら ⇒ 「j-host@jhfta.or.jp」

※毎週月曜締切、翌週火曜回答します。


○──────────────────○  

 当協会の活動については、
 こちらからご覧になれます。
 http://jhfta.or.jp/kyokaigaiyo

○──────────────────○

 テレビ朝日グッドモーニングで、
 半日密着取材を受けました。
 https://vimeo.com/159606953

○──────────────────○


【非営利型一般社団法人 日本ホストファミリー養成協会】
ホームページ:http://jhfta.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/jhfta
メールアドレス:j-host@jhfta.or.jp

【理念】
「世界への架け橋をあなたの家庭から!」
(1)日本人が安心して外国人を受け入れられるような社会、外国人が安心して日本に滞在できるような 社会にする
(2)将来世界で活躍する若い芽を、日本の家庭から育む
(3)世界中に日本のファンをつくる
(4)子供たちが、人生を豊かに自由に描き、自分のやりたいことをして輝ける社会にする