質問と回答

カテゴリ 修繕
質問項目 「所有物件のカビが大量に発生して困っているのですが、何か対策はありますでしょうか?」
質問内容 今年は雨が多いためか、カビが多く発生してしまいました。私は東京の1年目の新築物件を所有しているのですが、1世帯のお客様から下記のご申告がありました。

【ご申告】
 「入居後1年たたないのですが、室内にかなりの量のカビが発生しております。洋室のトイレ側の壁、固定窓の付近、クローゼット付近です。仕事の関係上、週6日は部屋を締め切りになってしまいますが、換気は、充分にしているはずなのですが」

【詳細】

  • 6月の終わりに、まず玄関内のサンダルにカビが生えました。下駄箱の靴にもカビが生え5足処分しました。部屋の中に6個除湿剤を置いています。

  • 流し台下も湿気臭いので扉を開けっぱなしにしています。本棚については、拭いてもカビが繁殖する次第です。ガス台上の換気を回しっぱなし、お風呂の24h換気を朝から夜まで。部屋の換気口も開けていますが、朝は閉めて家を出ます。

  • 家の中は、出窓しか窓を開けられない、開けてもすぐ前に壁があり、その後ろに湿っている土や草の一面では窓を開けても湿気しか入らないような気がします。

  • 除湿機を置けば済むのでしょうか?今後、どなたが住んでも同じように悩まれると思います。大変困惑している日々です。何か対応策もしくは対処法ありませんでしょうか?

  • 家の中にカビの生えた物を置きっ放しの状態も気持ちが悪いので、市にお願いをし、来週の金曜日に棚やマットレスを処分してもらうよう手配をしました。

  • また、トイレの換気をつけていなくとも、上の階のお宅の食べ物なのか?匂いが換気口から臭う時が多々あります。



【現在のアクション】

  1. 現場監督に現地の確認をしてもらう。建築時の水漏れなどの場合は、根本解決を検討する。

  2. 除湿器を設置する。これ以上の悪化を防ぐために、大家負担にて通常より大きめな除湿器を設置提案する。(部屋設備として設置、電気代は負担いただく)・・・コスト 2-3万円

  3. 壁紙の汚れ具合を確認する。外側からの水もれか、中からの湿度かによるが、まずは中からの湿度対策を仮定して対策をねる。その場合、表面であると予想されるため、壁紙の清掃消毒を行い、これ以上のカビの繁殖を防止する。・・・張替の場合**万円、清掃の場合**万円



【今後】
 もちろんケースバイケースとは思われますが、カビとの付き合い方みたいな、王道対策はあるのでしょうか?

【入居者との良い関係構築について】
 また入居者さまは大変おこまりです。家具を捨てるまで我慢なさらずに早めにご連絡をいただければ良かったのですが、そこまでの関係を気づけなかったのは、今後の課題です。入居者との良い関係を気づくのになにか対応はあるのでしょうか。しかし、あまりなんでも言われたりは困ります。これは永遠の課題でしょうか。。。
よろしくお願いします。写真別途おおくりしますね。結構すごいです。
  
回答内容 写真で見る限り、ひどいですね。。。いろいろと苦労されていてお気持ちお察しします。また、入居者さんの健康や気持ちも考えると、なるべく速く対策しないといけないですね。最大限サポートします。

 ご質問者さんが質問であげている対策で、まずはほぼ完璧かと思います。日本に住む以上、仕方の無い部分もあるかと思いますが、今後のことを考えて高性能の除湿機を購入してあげると、入居者の満足度も上がるのではないでしょうか。

 ただ、1点気になるのが、雨漏りや配管漏れの可能性は無いでしょうか?わたしの所有する物件が、雨漏りや配管から水が漏れていることが原因で、4階建ての1階の部屋の湿気とカビがひどいといったことがありました。また、もう1つの物件も、雨漏りの影響で4階建ての2階の部屋の壁紙が、頻繁にカビが発生して対応していました。

 中古物件なので参考にはならないかもしれませんが、現場監督に来てもらってチェックしてもらうということなので、重点的にチェックしてもらうといいかなと思います。
 また、念のためにいつもの信頼できる不動産会社さんにも質問してみたところ、以下のような回答がありました。参考にしていただければ幸いです。基礎工事をする際のビニールシートがポイントのようですね。


〜不動産会社より〜
 構造は木造でしょうか?RCだと、鉄筋コンクリートの内部には水分も入っているので、新築だからこそ、水分が下階に下りて来て、1階が湿気が凄いことはまれにあります。ただ木造では、あまり聞きません。

 基礎工事をする時に、ビニールシート(正式名は分かりません)みたいのをコンクリートを流す前の下に引くのが通常です。その役目は湿気が上がって来るのを防ぐ物です。そのシートが無いとそういうこともあるのかも知れません。

 ただ最近のはベタ基礎なので、建ってしまった以上確認は簡単ではありません。一部解体しなければ確認は出来ません。

 今回の話は、昨年新築とのことなので、施工に問題があったのかどうかは不明ですが、施工者に見てもらえれば、通常は対処はしてくれると思います。一般的な10年保障には該当しない気もしますが、十分主張出来ることだと思いますが、建築時の契約書を確認の上、施工会社に連絡をした方がいいと思います。
 また何かあれば仰って下さい。
〜ここまで〜


 最大限のサポートはしたいなと思いますので、気軽にご相談くださいね。


PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください