質問と回答

カテゴリ 融資
質問項目 「投資用不動産ローンと、アパートローン、無担保ローンなど、いろいろありますが、何か違いはあるのでしょうか?」
質問内容 初心者レベルの質問ですみません。投資用不動産ローンと、アパートローン、無担保ローンなど、いろいろありますが、何か違いはあるのでしょうか?
回答内容 もちろん各金融機関の商品はさまざまあり、違いはあります。ここではすべての違いを細かく説明することができないため、不動産投資家の観点で、大きく3つに分けて違い説明します。

① 消費者向け融資
 代表は住宅ローンです。住宅ローンは、審査もゆるく、金利が低く、借り入れ年数も長いローンです。「賃貸併用住宅」の購入や「ヤドカリ戦法」で物件を買う場合に有効になってきます。ただ、投資向けではないため、住宅ローンで融資を受けて賃貸に出すことは、契約違反になるケースもあるため注意が必要です。

② 投資家向け融資
「アパートローン」や「不動産投資ローン」といった収益物件を購入する目的のローンです。地方銀行や信用金庫などのローンは、不動産投資家にとって強い味方になります。
また、ノンバンク系の提供している不動産投資ローンは、金利や手数料は高いですが、融資期間が短かったり、属性が低くても融資を受けることができたりと、場合によっては強い味方になります。

③ 事業者向け融資
「プロパーローン」と呼ばれたりもするもので、不動産投資を本格的に「業」として行っている事業者向けのローンです。金利や期間や審査基準などは、金融機関によってさまざまですが、こちらも不動産投資家にとって強み味方になります。

特に政府系(日本政策金融公庫や商工中金)などの融資は、これから不動産賃貸業(※不動産投資と呼ばない)を始める人にとっては、ぜひ利用しておきたい金融機関の1つです。無担保で借りることもできます。
 
ざっくりと不動産投資家のための融資を分けて説明しましたが、いかがでしょうか。参考にしていただければ幸いです。


PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください