質問と回答

カテゴリ 購入
質問項目 「高属性とは?基準を教えてください。」
質問内容 お世話になります。よく高属性の方、属性の良い方対象の物件とかありますが、年収1000万円以上の方を指すのでしょうか?基準を教えて下さい。
回答内容 ご質問ありがとうございます。たしかにどこからが「高属性」になるのでしょうか?ここでは銀行から見た属性に絞って解説していきます。

 銀行の考える属性とは、「属性」=「返済能力を判断するためのすべての項目」です。そのため、属性を評価する場合、年収だけではなく、実はさまざまな基準があります。ここでは主な評価基準に絞ってご紹介しておきます。

1.年収
 三菱東京UFJ銀行といったメガバンク、スルガ銀行などの地銀、信金によっても基準はまちまちです。サラリーマン投資家向けに融資をしている一部の銀行では、「年収500万円〜700万円以上」という基準を設けています。このあたりのラインが不動産投資における「属性の良い方」となってきます。

2.勤務先と勤続年数
 勤務先の会社は、一般的には、上場企業、公務員、医師・弁護士・会計士といった士業の方が高属性とされています。倒産する確率が低く安定しており、リストラしないだろうと思われる会社です。
 また、転職が一般的になった今の時代においても、同じ職場で働き続けるということは銀行は一定の評価をします。返済能力を、生涯年収で考える銀行もあるからです。

3.自己資金
 貯金はもちろん、その他の金融資産も含まれます。たとえば、不動産、株、保険といったものも含めて、いくら自己資金があるのかということが属性判断の1つとなります。

 自己資金の判断基準に関しては、銀行によってまちまちですし、融資を受ける金額や購入する物件の価格によっても変わってきます。一般的には「1000万円以上」あると、融資が受けやすくなってきます。

 以上、銀行からみた「属性の判断基準」でした。

 一方、私の考える高属性とは、「年収700万円以上」or「上場企業勤務」or「自己資金1000万円以上」です。購入する物件の幅が広がるからです。

 ただ、属性が悪くても不動産投資を始める方法はあります。たとえば、年収500万円以下、自己資金500万円以下であっても、物件を購入して、家賃収入を得ることはできます。


PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください