質問と回答

カテゴリ 修繕
質問項目 「クッションフロアはどこで買えば安い?/DIYする際に気をつけなければならないポイントはありますか?」
質問内容 昨日は戸建てDIYのセミナーありがとうございました。 非常に勉強になりました。
 本来であれば、懇親会に参加させて頂き、質問をしたかったのですが、あの後リフォーム業者との打合せが入っており参加出来ませんでした。
 ななころさんのセミナーに参加したことで、床のDIYに挑戦することになりかなり費用削減出来そうです。
 そこで質問なのですが、クッションフロアはどこで買えば安いのか、DIYする際に気をつけなければならないポイントなどがあれば教えて頂けますでしょうか?
 宜しくお願いいたします。
回答内容 不動産投資予備校「戸建てばかりで家賃収入1000万円!?アパマン高騰時代に堅実儲かる!築古戸建てDIY投資法(2016年9月24日)」のご参加者からのご質問です。大きく分けて2つのご質問を頂いています。

 「クッションフロアをどこで買えば安いかについて」と「DIYする際の注意点について」のご質問ですね。1つずつ回答していきます。

 まず、クッションフロアを安く買う方法についですが、3つほどご紹介しておきます。

 1つ目の方法はネットです。やはりネットで買うのが安いです。「クッションフロア 格安」などと検索するのもいいでしょう。また、納期に余裕があるのであれば、ヤフオクなどのオークションサイトから、転売品や在庫品を安く方法もあります。

 2つ目の方法は、リフォーム業者が抱えている在庫品でやってもらう方法です。デザインはあまり良くないものが多いですが、そんなに力を入れない場所であれば、そうした在庫品でやってもらうと安くなります。

 3つ目の方法は、カインズホームなどの量販店に行って買うことです。ネットに比べても遜色ないほど、安く売っている場合もありますし、見切り品など時々激安で売っていることもあります。

 またもう1つのご質問の「DIYする際の注意点について」について、わたしなりの回答をご紹介します。

 注意点の1つ目は.万が一不具合があった場合に、入居者の生活に支障が出てきてしまう箇所や、ケガや命に関わるような箇所は、DIYは止めておいた方がいいかなと思います。

 たとえば、トイレ回りをDIYして、不具合いがあって、入居中に突然水が止まらなくなってしまって水浸しになってしまったら大変です。そうした生活の重要度が高い箇所はDIYしない方が良いでしょう。

 注意点の2つ目は、業者にお願いしたらすぐにできるのに、DIYしたら手間と時間がめちゃくちゃかかるような箇所も止めた方が良いでしょう。常に費用対効果、時間帯効果を考えておく必要があると思います。

 注意点の3つ目は、凝り過ぎです。あまりにも凝り過ぎてしまって、時間と費用がかかり過ぎた割には、うっとうしくなってしまっている逆効果になってしまっているDIYがあります。ほどほどにしましょう。

 以上、参考にして頂ければ幸いです。


PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください