質問と回答

カテゴリ 保険
質問項目 「火災保険はどこまで補償されるのでしょうか?」
質問内容 はじめまして。

これから物件購入を検討しております。
質問ですが、火災保険の様々な保証とは無論種類にもよりますが、一般的にどれ位の保証をしてくれるものですか?

例えば、水漏れ等は保険代理店に問い合わせてから業者に依頼と聞きますが、実際のところはその手順でいいのでしょうか?
回答内容 ご質問ありがとうございます。火災保険についてのご質問ですね。

おっしゃる通り、「火災保険」はその名のとおり火災による損害を補償する保険ですが、補償されるものは火災による損害だけではありません。

もちろん保険会社によって、その内容は異なります。ただ、だいたいどの保険会社も基本的なところは同じです。

<基本>
火災、落雷、破裂・爆発による損害、風災・雹(ひょう)災・雪災による損害を補償するプランが一般的。

<追加>
基本に加えて、盗難・水濡(ぬ)れ・車両の飛び込み等による損害を補償するプラン、破損・汚損等まで補償するプランがあります。

ただし、水漏れや雨漏りなど、建物の老朽化などから発生する損害については、補償はされません。注意してください。
水災とは、洪水・高潮・土砂崩れなどの自然災害のことを指します。
大切なのは水災補償と書いてあることを誤解して安心せずに、水漏れや雨漏りに対してどこまで補償されるかをきちんと聞いておくと良いでしょう。

なお、水漏れについては、「施設賠償責任保険」で対応することになります。そんなに高い金額ではないので、大家が絶対に入っておきたい保険の1つです。

水漏れが発生した場合の手順としては、以下のような手順になります。

1. 入居者への対応 → 被害があればお詫びし、すぐに対応する旨を伝える
2. 業者の手配 → 被害が発生した箇所を撮影し、迅速に修繕および修復
3. 保険会社へ連絡 → 2とほぼ同時に保険会社へ連絡し、詳細を連絡

物件を所有すると、多くのケースで「水」関連のトラブルが発生します。迅速に対応できるように準備しておくと良いでしょう。以上、参考になれば幸いです。

物件購入は、1棟目が成功するか失敗するかで大きくその後を左右します。良い物件を購入して、ぜひライフデザインを実現させてください!応援しています。


PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください