質問と回答

カテゴリ 経営
質問項目 「室内洗濯機置場が無い不利な条件で、入居募集をするには?」
質問内容 ライフデザイン実践会御中

ななころ様

お世話になっております。 ◯◯と申します。

お聞きしたいのですが、私の持っている物件で1階にお金を入れるコインランドリーがあり、 室内に洗濯機置場がないのですが、客付けするのに 何かいい方法ありますか。

洗濯機置場作れる部屋は作ったのですが、 排水管の関係で造作できない部屋もあります。
回答内容 ご質問ありがとうございます。室内洗濯置き場が無いお部屋の入居募集についてのご質問ですね。場所や間取り、家賃などの細かい条件が分からないのですが、現在空室があって、入居募集に苦労されている、という認識で回答していきたいと思います。

まず、室内洗濯置き場が無くて苦労されているとのことですが、このようなキッチンの下に入れるようなタイプはどうでしょうか?


一方で、上記のように「室内洗濯置き場」の問題が解決されたら、入居募集はできそうでしょうか?「室内洗濯置き場」だけが、客付けできるかできないかの大きな分かれ道なのでしょうか?

入居募集を促進するためには、「お部屋へのアプローチ」だけでなく、「客付け会社へのアプローチ」の両面のアプローチがとても重要になってきます。また、今やインターネットで入居を決める人も多いため、「リアル」と「ネット」の両方の対策も必要なります。

さらには、入居募集には、「ハード」と「ソフト」の両面からのアプローチがとても重要になってきます。「ハード」というのは、設備や内装、駅からの距離といったお部屋そのもののことです。ただ、ハードを良くするには限界もあり、お金もかかります。

一方で、「ソフト」とは、主にサービスです。たとえば、洗濯置き場がない分、コインランドリーを無料で一定回数使えるようにしてあげたり、洗濯代行サービスを利用できたり(オプションサービス)してあげたりするのはどうでしょうか?このように、ハードと違い、お金や制約条件を超えて、アイディア次第で充実させてあげることができるのが、おもしろいところです。

このように、一言で「客付け」といっても、室内洗濯置き場の改善だけではなく、この他にもさまざまなアプローチがあります。ここでは伝えきれないのが残念ですが、1つ1つ取り組んでみることが重要だと私は考えています。参考になると幸いです。


PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください