質問と回答

カテゴリ 融資
質問項目 「減価償却を今期のみ経費計上しないことは、銀行融資に有効でしょうか?」
質問内容 いつも楽しく拝見しております。お世話になります。質問です。

法人で収益不動産を所有しております。決算を良く見せたいと思います。

その時 減価償却を今期のみ経費計上しないと その期は納税が発生します。このやり方は銀行融資に有効でしょうか?
すみません よろしくお願いします
回答内容 問ありがとうございます。きわどい質問に思わず唸ってしまいました(笑)。
私は専門家ではありませんので、あくまでもいち不動産投資家として回答させて頂くことをあらかじめご了承ください。

期によって、減価償却をしないということも、税法上はできることはできるようです。翌期には、また減価償却するということもできます。ただ、「前期に償却しなかったから当期に2期分まとめて償却」などということはできませんのでご注意ください。

ただし、銀行の融資に有利かと問われると、効果は疑問です。マイナスに働くこと可能性が高いのではないでしょうか。

なぜなら、税法上で問題無くても、簿記・会計上は問題となるからです。正しい期間損益計算のために、赤字であっても減価償却はきっちりやる必要があります。中小企業でやっている場合もありますが、あまりお薦めできることではありません。

ご質問の意図としては、銀行から融資を受けるためのご質問だと思いますが、減価償却による赤字は、ほとんどの銀行で考慮してくれます。減価償却の性質を、銀行であれば当然知っているからです。しっかりと賃貸業として利益が出ているのであれば、そこまで気にしなくても良いでしょう。融資も出ます。

ちなみに、経営者が恣意的に決算をよく見せることを「粉飾決算」と呼びます。東芝など大企業でも大問題になっていますのでお気をつけてくださいね。

以上、参考になれば幸いです。


PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください