質問と回答

カテゴリ 購入
質問項目 「傾斜地にある物件の購入を検討する場合、どこに注意したらいいでしょうか?」
質問内容 ななころ様
お世話になっております。質問させてください。

今、新幾木造アパートの購入を検討していますが、物件が傾斜地にあります。何に気を付ければ良いかアドバイスを頂けると幸いです。造成の資料等は要求しても良いものなのでしょうか?もし、入手できたとしたら、どの辺に注意して確認すれば良いのでしょうか?

また、この物件は、築古の戸建てがあったところのようで、造成自体は昔に行われたものかもしれません。だとしたら、どの辺に注意して確認すれば良いのでしょうか?

一方で、築古のRCの物件で、傾斜地にあるものを時々紹介をうけます。今までは、ほぼ無条件で断って来ていましたが、造成直後と時間が経っているものとで、注意すべき点は異なってくるのでしょうか?建物の構造(重さ)で注意すべき点は異なってくるのでしょうか?

10年経つと安定しているとの話もあるので、逆に古いものの方が、将来問題が起きる可能性が低いような気もしています。実際問題、どうなのでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。
回答内容 ご質問ありがとうございます。傾斜地の物件の購入を検討されている方からのご質問です。全部で3つのご質問を頂いているようですので、分けて回答していきたいと思います。

1. 造成時の資料について

購入を検討する場合には、造成時の資料を要求するのは、まったく問題ありません。もし資料を入手できるようでしたら、造成が「盛土」なのか「切土」なのか、割合はどのくらいなのかを確認すると良いと思います。


「切土」は、傾斜地の元の地盤を切り取って作られた土地なので、比較的地盤は安定しています。一方、「盛土」は、傾斜面に土を埋めて作られた土地なので、十分に締め固められていないことが多く、地盤は弱めです。

どのように造成されているのか、もしくはどのように造成するのかを、確認する必要があります。


2. 昔に造成が行われた土地の場合、どこに注意して確認すれば良いか?

上記で書きましたが、造成が「盛土」なのか「切土」なのか、割合はどのくらいなのかを確認すると良いでしょう。過去にがけ崩れが起こったりしていないかも、ヒアリングしてみてください。

また、傾斜の下にも土地や建物がある場合は、下水や雨水を下の人の敷地を使って流しているケースがありますので、現状はどうなっているのか?上下の土地の所有者とトラブルが無いかを確認されると良いでしょう。


3. 造成直後と時間が経っているものとで、注意すべき点は異なってくるのでしょうか?

答えから言ってしまうと、注意点は変わってきます。
ご質問者さまがおっしゃるように、造成後しばらく経っていれば、過去に発生した問題点やトラブルが分かりますので、ある程度の予測がたち比較的安心です。

一方で、これから造成する場合には、未知のトラブルも含めて、実績のある業者選びから慎重に行っていく必要があります。

以上、参考になれば幸いです。成功されることを応援しています。


PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください