質問と回答

カテゴリ 保険
質問項目 「少額短期保険について」
質問内容 公開質問なんですがちょっと入居者さんに入っていただく保険について解決したいので
すが行き詰まっているのでご質問させてください。

自分の物件の入居者さんの2年ごとの更新時に、家財保険とか賠償保険に継続して入っ
ていないケースが多く、退去時に本来は入居者負担なのにお金がなく負担できないケース
が増えています。

なので、今後は、2年ごとの管理をする目的もかねて、私の会社が、代理店となって小
額短期保険を掛けることを必須としていきたいのですが、小額短期保険を扱う会社はいっ
ぱいあり、じぶんの掛けている火災保険の多くが東京海上のため東京海上の系列会社ミレ
ア小額短期保険に「代理店になりたいのですが。。。」と電話したのですが、年間100
万以上の保険料収入が見込めない場合はお取引できない趣旨のことを言われました。他人
の物件をまだ管理できる規模ではないので、100万は難しそうです。

やはり、自分が代理店となって、小額短期保険をかけてもらうというやり方は、あまり
いい方法ではないのでしょうか?それか、年間保険料100万以下でもお取引してくれる
会社を、一軒一軒電話していくしか無いのでしょうか?

皆様の事例も含めてアドバイスいただければと思います。
回答内容 質問にお答えする前に、まず「少額短期保険」について基本的なところをシェアしたい
と思います。少額短期保険は、その名の通り取り扱う保険金額が「少額」、そして保険期
間が「短期」(通常 1 年ですが損保分野は 2 年以内)保険です。ご質問者さんは「小額」
と書いていますが、「少額」が正しい漢字ですね。

そして、少額短期保険が大家業とどう関わってくるかというと、主に退去時に関わって
きます。退去時に原状回復費用などの清算をしますが、入居者の故意過失の破損などがあ
った場合は、入居者に請求をします。

しかし、入居者の感情としては、もう退去する部屋ですのでお金は払いたくないですし、
そもそもお金が払えないということも多々あります。その場合は、預かっていた敷金から
充当するわけですが、最近は敷金ゼロで募集せざるおえないケースも多いですよね!?

その場合に有効な方法として、少額短期の保険を活用して、保険金で退去清算費用をま
かなってもらおうということなのですが、私もとても有効な手段だと思います。ただし、
多数ある少額短期保険会社の中でも、通常管理会社が提携しているような大手の保険会社
は保険対象となる範囲が狭いなど、さまざまなネックがあって、こうした主旨で活用する
ことはできません。

それでも、ごくわずかではありますが、こうした主旨で活用できそうなあまり有名では
ない保険会社があります。その保険会社は、保険料も少額ですし、ノルマもありません。
ですので、その保険会社の代理店となり、入居者に保険に入ってもらうというのはアリだ
と私は考えております。

PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください