質問と回答

カテゴリ 購入
質問項目 「マンション組合に負債がある場合の区分の購入のリスクについて」
質問内容 区分マンションのケースですが、マンション組合に負債がある場合はどのように考えれ
ばいいとお考えでしょうか?
回答内容 【回答1】


まずは教科書通りの回答からします。「区分マンションは管理を買え」という言葉があ
るくらいですから、初心者や未経験者には不向きな物件かなと思います。なぜなら、区分
マンションの1つのメリットを失うことになるからです。


区分マンションのメリットの 1 つとは、大規模修繕工事に関して、以前の所有者が何年
もかかって積み立てて来た修繕積立金を、そっくりそのまま引き継げる事が挙げられます。
一棟だったら全て自力でメンテナンスしなければならない所を、区分所有であれば持ち出
しがほとんど無い状態で直してもらえるのです。


私は幼い頃からずっとマンション暮らしで、管理の良いマンションと悪いマンションの
両方に住んだ経験がありますが、管理の良いマンションは住んでいても気持ちが良いです
し、何年経っても人気があり、購入時と同じかそれ以上の価格で売ることができました。


一方、管理の悪いマンションは、将来の大規模修繕に向けて修繕積立金が溜まっていな
い状態ですから、徐々に建物がボロボロになり、誰も住まなくなっていきました。そんな
状態では、シュミレーション通りの投資金額を回収できなくなる可能性も十分考えられま
す。このような物件には手を出さない方が賢明です。


しかし、上級者向けの回答をしますと、そういった物件は好条件で購入できるケースが
ありますので、承知の上であえて購入するのはアリかなと思います。バルク(同じ建物で
複数のマンション)買いできればさらに良いです。


そして、管理組合の理事会に参加して役員となり、管理組合をコントロールできるよう
になれば、管理会社の変更やコスト削減、駐輪場の整理と有料化、自動販売機設置で副収
入を増やすなど、財務状況を良くして、物件を見違えるほど蘇らせることができれば、購
入時よりもはるかに高い金額で売却することもできます。


PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください