質問と回答

カテゴリ 融資
質問項目 「自己資金をなるべく減らさないように、追加工事を見越してリフォーム資金
の融資を受けるには?」
質問内容 ななころさん、公開質問をお願いします。金融機関にリフォームの融資を申請する時、
業者の見積もりを持参すると思います。その見積もり金額で融資が実行されたあと、見落
としがあって追加で工事をしたりテコ入れで設備を入れたりして自己資金を減らしてしま
うことがままあります。リフォームはなるべく融資で賄いたいのですが何か良い手はあり
ますでしょうか。
回答内容 自己資金をなるべく減らさないように、追加工事を見越してリフォーム資金の融資を受
ける方法についてですが、これには 2 つの方法があります。


<方法①>
これ以上の追加工事が無いように、最大限高めの見積もりを業者から出してもらい、そ
の金額で銀行に融資を依頼する方法。


<方法②>
二つ目の方法は、なるべく多くの業者から見積もりを取って、一番高い業者の見積もり
を銀行に持って行き、それよりも安い金額を提示した業者にお願いする方法。


銀行は、融資額が予定よりも増える場合には対応できませんが、融資額が予定よりも減
る場合に関しては割と柔軟に対応してくれます。予定よりも金額が減った場合、銀行も面
倒なので「そのままの金額で借りてください」なんて笑い話もあるぐらいです。なるべく
考えられる最大限の見積もりを持って行くようにしてください。


なお、業者には「万が一これ以上の追加工事が必要なった場合は、サービスしてくださ
いね」と言っておくことは忘れないようにしましょう。

PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください