質問と回答

カテゴリ 修繕
質問項目 「LED 蛍光灯の節電効果は、一般的にその費用対効果に見合うものでしょうか?」
質問内容 共用部の蛍光灯を支給してくださいと管理会社から言われたのですが、 蛍光灯にしよ
うか迷っています。LED 蛍光灯の節電効果は、一般的にその費用対効果に見合うものでしょ
うか?

ちなみに、購入検討中なのが以下のものです。
http://item.rakuten.co.jp/lumi-tech/10000149/
回答内容 私はサラリーマン時代(5 年前)ぐらいにLEDの販促をしていた経験から言うと、現時
点では、現時点では蛍光灯のままでいいのかなと私は考えています。理由としては以下の
通りです。

① 工事費など初期工事にお金がかかる

このサイトにも書かれていますが、蛍光灯は既存の蛍光灯が「グロー式」でない場合は、
安定期の取外しなどの電気工事で結構なイニシャルコストがかかります。まずは、「グロ
ー式」「ラピッド式」「インバータ式」どれなのかを確認してみてください。

② 意外と発電効率は変わらない

実はLEDと蛍光灯、発光効率が変わらなかったりします。将来的には、確実にLED
が有利になってくると思いますが、現時点ではそこまで劇的な違いが無いのです。

③ 蛍光灯の方が温かい色

これはあくまでも私の感覚ですが、蛍光灯は影も柔らかくて自然に光りますので、とて
も温かい色だなと思います。とくにオレンジ色の温かい色が私は好きで、夜帰って来たと
きに安心するんですよね。

ということで、LED蛍光灯は現時点では私はあまりオススメしてませんが、LEDに
変えるメリットが、節電以外にもあるようだったら、導入しても良いかなと考えています。
例えば、蛍光管は落ちて割れると破裂してガラスが飛び散って危険ですが、LEDはその
危険性がありません。地震の時にも入居者に安心です。その他に、特別なハシゴをかけた
りしないと届かないような高いところは、寿命の長いLEDの方が良いでしょう。

とはいえ、LEDはまだまだ進化途中です。近い将来、進化の止まった蛍光灯をしのぐ
ことは確実です。また、今後の自由化や電気料金の行方によっても大きく舵取りが変わる
可能性があります。そのため、少し中長期的な視野で考えてみるといいのかなと思います。

PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください