質問と回答

カテゴリ 保険
質問項目 「団信に比べて、民間の生命保険のデメリットとは?」
質問内容 法人融資の保証人となっており、団信は無いため、民間の生命保険に加入しようと考え
ています。団信への代わりに、民間の生命保険に加入するとした場合、団信に比べてのデ
メリットはあるのでしょうか。

補足:質問者さんが代表の法人で融資を受け、物件は法人名義で取得する予定
回答内容 ご質問頂いた件については、私も専門外なので、知り合いの保険代理店に聞いてみたと
ころ、以下のような回答がありました。

<保険代理店の回答>

団信と比較した「デメリット」についてですが、生命保険は「被保険者年齢」によって
保険料に差が出ます。したがってご相談者が高齢の場合、団信よりもご負担額が大きくな
る可能性があります。

また、加入金額の制限(収入に見合った保障か?)があることや、加入時の診査(健康
状態)によっては加入できない可能性がある事には注意が必要です。


なお、保険代理店の方ですと、どうしても営業トークが入ってきているのではと思い、
自分でも調べてみました。私が調べた限りですと、団信と比べて民間の保険に入る場合は、
以下の点に注意が必要のようです。

 毎年の保障が下がるタイプ(逓減定期、家族収入保障)の場合では、ローンの残高の減
り方が、保険料の下がり方よりも緩やかです。従って、保障不足となる危険があります。

 10年定期保険の場合、10年後には保険料が上がります。ローンの残高は10年後で
はそれほど減っていないので、保障を下げることができず、実質上、保険料の値上げと
なります。

 35年満期の定期保険の場合、ローン残高に応じて、ご自分で保障を下げていかなけれ
なりませんので、コントロールにそれなりの知識と手間がかかります。

この質問については、ライフデザイン実践会の会員さんでもっと詳しい方はいないでし
ょうか?私も知りたいので、補足で Facebook グループや LINE グループでシェアして頂け
ると嬉しいです。以上、参考にして頂ければ幸いです。

PDFファイル

ご覧の環境では、object要素がサポートされていません。
PDFファイルをダウンロードしてください